Asuka business & language book<br> 社員、取引先、家族を守るために、まずは会社を守る!その極意

個数:

Asuka business & language book
社員、取引先、家族を守るために、まずは会社を守る!その極意

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 181p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784756918017
  • NDC分類 531.19
  • Cコード C2034

出版社内容情報

著者は社員数34名で1個75円のばねを売って、年商10億円、利益1億円を上げている中小企業の社長。薄利多売のばね業界を生き抜いてきた経緯を、「価格競争に巻き込まれない戦略」と「他社との差別化」の観点でまとめたもの。高価格戦略に巻き込まれない戦略を教えます。

【著者紹介】
株式会社アキュレイト代表取締役社長。1962年生まれ。1985年(株)加藤スプリング製作所(現(株)アドバネクス)入社。翌年、子会社アキュレイト販売(株)(現(株)アキュレイト)出向、小口ばね事業を立ち上げ、京都営業所所長、営業課長を経て、2000年37歳で社長就任。ITバブル崩壊を機に事業変革を行い、年商10億円、営業利益1億円の会社に育て上げる。リーマンショクの真っただ中の2009年(株)アドバネクスからMBOで独立、現在に至る。

内容説明

大企業にも、町のばね屋にも勝つ!生き残りをかけた中小企業のための戦略。

目次

第1章 戦略で生き残る(ポジショニングでの差別化を図る;小口注文というウルトラニッチ戦略 ほか)
第2章 効率化を徹底する(効率化を考えるきっかけとなった新人時代;DM作戦で効率化が成功 ほか)
第3章 差別化を仕組みにする(町のばね屋さんに勝つには?;強みを最大化して他社と差別化する ほか)
第4章 人材を育成する(育てる?それとも、育つ?;社員が頑張る環境「1クラス経営」 ほか)
第5章 成功する経営者は法則をもつ(ばねの第1法則―大きな仕事は小さな仕事が支えている;ばねの第2法則―やり続けることで見えてくる ほか)

著者等紹介

土屋一延[ツチヤカズノブ]
株式会社アキュレイト代表取締役社長。1962年生まれ。東京都出身。大学卒業後の1985年、株式会社加藤スプリング製作所(現、株式会社アドバネクス)入社。翌年、子会社アキュレイト販売株式会社(現、株式会社アキュレイト)への出向を命じられる。小口ばね事業を立ち上げ、京都営業所所長、営業課長を経て、2000年37歳で社長就任。ITバブル崩壊を機に事業変革を行い、年商10億円、営業利益1億円の会社に育て上げる。リーマンショックの真っただ中の2009年、株式会社アドバネクスからMBOで独立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Takeshi Nakajima

0
中小企業の生き延び方が書いてありました。発想の転換が大切そうです。2015/12/30

TAK

0
経営者どころか営業マンも必読。差別化とは何かのヒントがここにはある。2015/10/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9903344

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。