仕事は聞け!―デキる人は教わり上手

仕事は聞け!―デキる人は教わり上手

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 223p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784756911971
  • NDC分類 336.04
  • Cコード C2036

内容説明

先輩・上司は、いつも忙しくしているようでも、実は教えたがっているのです。聞き方、教わり方のちょっとした工夫を覚えさえすれば、喜んで教えてくれるのです。喜んで教えてくれるようになる聞き方・教わり方のノウハウ。

目次

1 仕事は聞け!「教わる」ことの重要性を知ろう(「仕事は聞け!」とはよく言われるけれど…;デキる人はみんな知りたがり屋 ほか)
2 「教わり上手」になる心構え(「教わる」ことがなかなかできない理由;オリジナリティはその仕事を理解することから ほか)
3 「教わり上手」になる具体的なテクニック(「教わる」タイミングがもっとも重要;教えてもらう相手の状況を察する練習方法 ほか)
4 勝手に「師匠」をつくろう(「教わる」相手を勝手に師匠にしよう;必ず自分のためになると信じよう ほか)
5 自分だけでは変えられない。でも、「教わる」ことで変わっていく(人生で起こっていることに無駄はない!;「線」になると「成果・目的達成」になる ほか)

著者等紹介

水上浩一[ミズカミヒロカズ]
1964年8月5日東京生まれ、神奈川鎌倉育ち。ギタリスト→グラフィックデザイナー→ネットショップ店長→ウェブマーケティングコンサルタントという異色の経歴を持つ。オープン80日間で月商1100万円、12ヶ月間で月商60万円→1300万円達成等、ジャンルを問わず短期間で劇的に売上をアップするeコマース向けコンサルティングを得意とする他、「教わる技術」を駆使した人材育成メソッドを活用し、複数の上場企業にてスキル、モチベーションアップを目的とした社員研修を担当。最近では大手ラーニング系企業へのノウハウ提供も行っている。2006年、上場企業との間でのM&Aに成功。現在、株式会社ドリームエナジーコンサルティング代表取締役。オールアバウト「IT業界トレンドウォッチ」ガイドの取材で数多くの著名人、経営者にインタビューを行い、コミュニケーション術にも定評がある。その他、全国各地での講演・セミナー、テレビ・ラジオ・雑誌等でも積極的に情報発信を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

のり

6
デキる人はみんな知りたがり屋。問題が起こっているところには必ずシグナルが出る。「なんとなくおかしい」と思ったら、それは「間違った仕事の仕方」。効果的に改善する方法、それが「教わる」こと。仕事場で「教わる」ことのメリット①今知りたいことを知ることができる。②相手の経験時間を流用できる。③辞書効果(教えてもらいたいこと以外のことも知ることができる)。④問題点を把握。⑤教えることを前提に教わることができる。人に教えることができれば本物。教わる前に、質問内容の細分化をする。人生で起こっていることに無駄はない。2015/11/13

LOVE弁慶

4
とりあえずそのとおりですねとタイトルに一礼。読み終えて、これ以上学ぶことはないのかと寂しくなり、このあたりジャンルの本に限界を感じる。2013/07/25

摩周

1
わからないことは人に聞く 満足は成長を停止させる 教わり上手になるために 質問の仕方を知る。 2013/01/06

かず吉。

0
【図書館】想像していた内容とは違って、あまり役に立つとは思えないけれど、積極的に人から教わることで成長していけるというのは改めて「そうだよなぁ」と思った。「勝手に弟子入り」する方法も着眼点は面白いけれど、いまいち。最後にちょこっとだけある著者の体験談は面白かった。2009/11/12

HILOKI

0
パンフレット的な本。しかし聞くのが苦手な僕には耳が痛く、つい買ってしまった。2008/05/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/420558

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。