小さな会社の社長の戦い方

個数:
  • ポイントキャンペーン

小さな会社の社長の戦い方

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年08月24日 02時31分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 236p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784756914606
  • NDC分類 335.13
  • Cコード C2034

内容説明

10年間全然儲からず苦しみ続けたが、業界で知らぬ者なしの企業に成長させた社長が体験談をもって解説します。

目次

第1章 成功とは成功者のマネではなく、失敗者の逆をすること(会社の成功は正しく「経営判断」を行えるかどうか;小手先のマーケティングテクニックでは変わらない;勘違いが会社経営を狂わせる;普通に考える)
第2章 未来を予測する(「今」成功することではない;事業計画の立て方を変える;未来を予測するとはどういうことか)
第3章 すべての失敗と成功は「人」が運んでくる(出会わなければよかった人;福の神とつき合おう)
第4章 戦国大名が国を強くするための施策をとる(「こうば」から「工場」へ;会社の経営は「頭の戦争」;会社に害を与える人とは?;武将を育てる)
第5章 成功する社長にはタイプがある(成功する人としない人の違い;成功するための3つの貯金;成功する人がもっている資質)

著者等紹介

井上達也[イノウエタツヤ]
1961年生まれ。法政大学経営学部卒。株式会社フリーウェイジャパン代表取締役。株式会社日本デジタル研究所(JDL)を経て1991年に株式会社セイショウ(現、株式会社フリーウェイジャパン)を設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

中小企業と大企業では、儲けの構造が異なる。ゼロから起業し、4000社以上顧客を増やし急成長させた社長が、中小企業がとるべき経営手法やマーケティング手法を教える。

【著者紹介】
1961年生まれ。法政大学経営学部卒。株式会社日本デジタル研究所(JDL)を経て1991年に株式会社セイショウシステムテクノロジーを設立。当時としては珍しく大学在学中にマイコン(現在のパソコン)を使いこなしていた経験と、圧倒的なマーケティング戦略とにより、同社を4000以上の会計事務所をユーザーにもつ企業に急成長させる。斬新な戦略発想もさることながら、企業の実情に合わせた現実的な提案も評価が高く、税理士事務所業界トップからの信頼も厚い。税理士事務所をターゲットにした新発想の製品の多くに関わる形で、他社の支援も行っている。