心理アセスメントの理論と実践―テスト・観察・面接の基礎から治療的活用まで

個数:

心理アセスメントの理論と実践―テスト・観察・面接の基礎から治療的活用まで

  • ウェブストアに7冊在庫がございます。(2020年07月14日 09時11分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 364p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784753311668
  • NDC分類 146.3
  • Cコード C3011

内容説明

心理職の業務の中でもきわめて重要な心理アセスメント。その根幹である“面接”“観察”“心理テスト”という3つの方法は、相互に作用し、効果を高めている。さらに心理職に求められるのは、アセスメントの結果を必要とする職種に適切にフィードバックすることであり、特にクライエント自身へのフィードバックの「治療的活用」は、重要度がますます高まっている。本書はこうした心理アセスメントの「理論」から公認心理師5領域での総合的な「実践」まで解説し、より理解を深めるため理論編では主な心理テストの「実施と解釈」をわかりやすく図示し、実践編では5領域でのアセスメントの流れを「フローチャート」で示した。心理職必携の1冊。

目次

第1部 理論編(心理アセスメント総論;心理アセスメントの方法;心理テスト;面接法;観察法)
第2部 実践編(総合的なアセスメントの実践;治療的アセスメント)
付録 心理アセスメントを学ぶ人のためのブックガイド

著者等紹介

高瀬由嗣[タカセユウジ]
明治大学文学部心理社会学科教授

関山徹[セキヤマトオル]
鹿児島大学教育学系准教授

武藤翔太[ムトウショウタ]
立命館大学大学院人間科学研究科臨床実習教育担当嘱託講師(講師)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。