小児医学から精神分析へ―ウィニコット臨床論文集

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 433p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784753305001
  • NDC分類 493.937
  • Cコード C3011

内容説明

D.W.WinnicottのCollected Papersを訳出したものである。二重の資格に二股をかけ、その間を生きた彼の人生と思考の過程がうまく表現された臨床論文集である。そして、ここに収録される諸論文が彼を紹介する論考でよく引用されるので、結果的に彼の「作品集」のようなものとなっている。

目次

食欲と情緒障害(1936)
設定状況における幼児の観察(1941)
児童部門のコンサルテーション(1942)
児童期の眼科的な精神神経症(1944)
母親の抗うつに対して組織された防衛という観点から見た償い(1948)
安全でないことに関連した不安(1952)
小児医学における症状の容認:ある病歴(1953)
在宅で取り扱われた症例(1955)
躁的防衛(1935)
原初の情緒発達(1945)〔ほか〕

著者等紹介

北山修[キタヤマオサム]
1946年淡路島に生まれる。1972年京都府立医科大学卒業。1974~1976年ロンドン大学精神医学研究所およびモーズレイ病院にて研修。1981~1991年北山医院精神科院長。1986年国際精神分析学会正会員。1991年九州大学教育学部助教授。1994年同教授。専攻は精神分析学。現職は九州大学大学院人間環境学研究院・医学研究院
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。