ひばりに

個数:

ひばりに

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2022年05月22日 07時25分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 24p/高さ 19X27cm
  • 商品コード 9784752009474
  • NDC分類 K911
  • Cコード C8793

内容説明

ぼくはたんぽぽのわたげになろう。きみがそらへとばす―。いま、ひとりでいるあなたへ。内田麟太郎とうえだまことが贈る詩の絵本。

著者等紹介

内田麟太郎[ウチダリンタロウ]
福岡県生まれ。絵本作家、詩人。『さかさまライオン』(童心社)で絵本にっぽん賞、『うそつきのつき』(文溪堂)で小学館児童出版文化賞、『くじらさんのーたーめならえんやこーら』(鈴木出版)で日本絵本賞受賞

うえだまこと[ウエダマコト]
植田真。静岡県生まれ。画家。絵本や装画を多く手がける他、絵画制作、ライブペインティング、音楽など幅広く活動。『マーガレットとクリスマスのおくりもの』(あかね書房)で日本絵本賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ちゃちゃ

115
深い哀しみの淵に沈む人を前に、私たちはかける言葉を失う。どんな励ましの言葉も宙に浮いたまま、その人の心に容易に届かないことを知っているからだ。ただ、寄り添うこと、傍で痛みを感じること。「ぼくには ことばがない」で始まるこの絵本は、「大震災にあった子どもをはげます詩」だという。「ぼく」は、少女が吹き飛ばすたんぽぽのわたげになって、少女の言葉をひばりに届ける。うつむいたままの少女が一瞬でも空を見上げてくれるように。わたげを吹き飛ばす力が大空に届き、明日を生きる力に繋がるように祈りながら。2021/05/24

アキ

84
うえだまことの原画展に行ってきました。http://hibikikan.com/free/exhibition3 そこで朗読DVD上演会を体験しました。この絵本の詩は、内田麟太郎が2012年に震災に遭った子どもに向けて書いたものです。そこにうえだまことさんが素敵な絵を描きました。購入したのは著者おふたりのサイン本です。うえだまことさんのイラスト付きでした。うっとりするような時間を過ごしました。女の子がふいた風が、あなたの元へも届きますように。2021/06/26

ふぅわん

62
【顔をあげて欲しいから】大震災にあった子どもを励ます詩。セピア色の絵、ふと上を見上げてもらえるように繋がっていく絵と詩。優しいなあ。言葉で人を救うのは難しい。気持ちそのものをどう伝えるか、心を全て映しだせる言葉があればいいのに。人に寄り添うとは、この絵本そのものかも。2021/08/14

しゃが

60
内田さんが詩を書けない詩を書きはじめた詩の絵本だった、被災した幼い「君」に向けて。かける言葉もなく、寄り添うだけ、思いついたのはたんぽぽになる、ゆうびんやさんになる、たんぽぽのわたげになる、ひばりに、そして、きみのいのちがじぶんでこしらえたちいさなかぜがふいた。うつむき加減の君が、顔を上げて感じたものは柔らかな自然なのか、ゆるやかな未来なのか、優しいおとなの思いなのか。おちついた色使いの絵も読み手にも安らぎを…。 2021/03/12

とよぽん

50
内田麟太郎さんの「詩」、うえだまことさんの「絵」ともに心を打つ素晴らしい絵本です。2021年2月に発行。東日本大震災から10年、内田さんの「気持ち」を伝えたくて書いた詩とのことです。その詩を、私は書き写しました。何度も読んで、私にできることは何か考えます。内田さんの「あなたのところへも、小さな風がとどきますように。」の識語も慈愛に満ちています。2021/05/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17447117

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。