チョン・セランの本<br> 声をあげます

個数:
電子版価格 ¥1,760
  • 電書あり

チョン・セランの本
声をあげます

  • ウェブストアに7冊在庫がございます。(2022年01月28日 03時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 280p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784750516981
  • NDC分類 929.13
  • Cコード C0097

内容説明

地球の滅亡、感染症、種の絶滅、大量消費…『フィフティ・ピープル』『保健室のアン・ウニョン先生』の人気作家が放つ初めてのSF短編集。文明社会の行きづまりを軽やかに描き出し、今を生きる女性たちにエールを贈る、シリアスでポップな8つの物語。

著者等紹介

チョンセラン[チョンセラン]
1984年ソウル生まれ。編集者として働いた後、2010年に雑誌『ファンタスティック』に「ドリーム、ドリーム、ドリーム」を発表してデビュー。13年『アンダー、サンダー、テンダー』(吉川凪訳、クオン)で第7回チャンビ長編小説賞、17年に『フィフティ・ピープル』(斎藤真理子訳、亜紀書房)で第50回韓国日報文学賞を受賞。純文学、SF、ファンタジー、ホラーなどジャンルを超えて多彩な作品を発表し、幅広い世代から愛され続けている

斎藤真理子[サイトウマリコ]
1960年新潟生まれ。韓国文学の訳書多数。『カステラ』で第1回日本翻訳大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

pohcho

54
韓国作家のSF掌編・短編集。ディストピアなんだけど、ポップでロマンチック。クスッと笑ってしまうような可笑しみがあり、そこはかとなく漂うトホホな風情に親しみを感じる。巨大ミミズやゾンビなどの突飛な設定も私は好き。以前に読んだ「アン・ウニョン先生」を思い出した。2021/09/08

星落秋風五丈原

41
『リセット』地球滅亡、今回の場合は何と空から巨大ミミズが降ってきた!ミミズといえば食物連鎖の最下位に位置し、鳥やモグラに食われる運命にあるのに、地球を滅ぼすほどの力があるとはおみそれしました!いや、そもそも土を食うのに人間を滅ぼせるのか?いきなり肉食獣化?にしてはあのビジュアルのまま?さて、そんなミミズはどこからやってきたのか?答えはWEBで、じゃなくて本作で。『メダリストのゾンビ時代』オリンピックがコロナ禍で大変な事になっているが、こっちの世界でもゾンビが出没し大変な事に。2021/07/14

ズー

22
チョンセランさんのSF!他の作品もたまにSFみを感じたりしたが、自身もおっしゃる通りお得意なんですね☺️環境問題を考えたものが多く、コロナ禍を思わせるような作品もあったり。どれもキャラがなんか魅力的なのよね。やはり表題作の「声をあげます」が抜群に面白かった。まさかの人魚姫を思わせる作りがこれまた突拍子もなくファンタジーで素敵。2021/07/15

K1

17
会いたい人がいる。その人に会えたとしても、声帯除去手術を受けたスンギュンにはかける声がないー執刀する医師は本当に医師なのか? 麻酔をかけられ、冷たい手術台の上で残した言葉は「声をあげます」。2021/07/21

本の蟲

16
韓国でホラー・ファンタジー・SFを横断して書いている作家のSF短編集。代表作の『保健室のアン・ウニョン先生』は聞き覚えがあったので、内容を忘れてる既読作かと思ったが、書評ブログでの紹介文を覚えていただけで初読作者だった。あるある。内容は軽めの「少し・不思議」な方のSF。2編がエコと終末に関する作品なのは、主張強めだと感じたし、表題作は国、政府に対して楽観的すぎる印象だが、読み味はまずます。偶然生まれた完璧な記憶薬の話『小さな空色の錠剤』が社会の変化、混乱と変わらないものを描いた一番SFらしい作品で良かった2021/07/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18133865

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。