詳注アリス 完全決定版

個数:

詳注アリス 完全決定版

  • ウェブストアに9冊在庫がございます。(2022年07月03日 17時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 640p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784750516226
  • NDC分類 933
  • Cコード C0097

内容説明

キャロルの手紙や日記、歴史資料や学問的解釈etc…を駆使して付けられた、300以上の注釈を収録。これまで世界中の画家が描いてきた100枚以上の「アリス」挿絵を精選収録。公刊された「アリス」からは削除された幻の「かつらをかぶった雀蜂」挿話を復元収録。テニエルの貴重な鉛筆ラフスケッチも収録。

目次

『詳注アリス』序文
『新注アリス』序文
『詳注アリス決定版』序文
『ナイト・レター』誌詳注への序文
『詳注アリス完全決定版』への序文
不思議の国のアリス
鏡の国のアリス
かつらをかぶった雀蜂

著者等紹介

ガードナー,マーティン[ガードナー,マーティン] [Gardner,Martin]
1914年アメリカ・オクラホマ生まれ。2010年没。批評家、数学者、サイエンス・ライター。ルイス・キャロルとその作品に関する世界有数の専門家。これまで100冊以上の著書をあらわしている

高山宏[タカヤマヒロシ]
1947年岩手県生まれ。批評家、翻訳家。大妻女子大学比較文化学部長を経て、同大学副学長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

roughfractus02

7
音声的言い回しや文字の組み替えや他のテクストをパロディ化する逸脱的な本文から成る2つの「アリス」は、一方で<出発-冒険-帰還>の定番物語に収まる。馴染みの物語パターンは各国語への翻訳を促し、英語本文の逸脱は他言語でその度合いを増す。本書を何度も注釈したガードナーはキャロルに関する自著への読者の感想まで注に忍ばせ、複数言語を並べてジャパウォッキーの詩を長々と注釈する。テニエルら挿絵画家の同じ場面の画の中に伝統的な仕草の図が紛れ混む。「アリス」を何度も訳し直した高山宏の邦訳は、翻訳自体が注釈なのだと主張する。2020/10/11

ねむ

6
注釈本は初挑戦。図書館閉鎖前に借りて、ほぼ2か月かけてじりじりと読破しました。これは本来、買わないと読み切れない本です。アリスは子供の頃に好きだったな、ぐらいの軽い気持ちで読み始めましたが、途中からもう作者との意地の張り合い(?)みたいな感じに。ヴィクトリア朝の英語の使われ方やら社会状況やら、いろいろ勉強になりました(ほとんど忘れていくと思うけれど)。詩の翻訳って大変そうだなあと前々から思っていたけれど、アリスに関しては五重苦ぐらいの労力なのだとわかりました・・・。ほんとにこれは大変な訳業!2020/05/28

Vincent

5
5年ぶりにアリスと再会。翻訳は前回同様アリスご専門の高山先生。今回もゼロから新訳。さもありなん格段に読みやすくなったし満載のイラストや文字が大きいのも追い風か。注釈はほどほどがいいかも。本編に集中できなくなるので。とまれ本書はアリスをダシにした個性的なキャラたちのたくらみをあれこれ空想するのが妙味かな?2020/03/08

はにまる

2
本編よりも膨大な量の注釈に度肝を抜かれる、マーティン・ガードナーによる注釈付きアリス。自分が以前読んだのは1980年の東京図書版だったが、ガードナーは1960年の初版から2010年に亡くなる直前まで注釈をアップデートし続け、死後完全版として出版されたのが本書。ガードナー本人だけでなく、キャロル&アリス研究家たちの様々な解釈を盛り込んだ大作。タイポグラフィで有名なネズミの尾はなしの新しい解釈だとか、ナンセンス詩「ジャバウォッキーの詩」の詳細解説とか、興味深い考察が多数。正に"考察が捗る"アリスの決定版。2021/07/29

ともりぶ

2
本編より、テニエルのイラストが好きなアリスファンなので、注釈があればもっと理解できると思って何年ぶりかにアリスを読む。(佐々木マキさんイラスト版も平行読みしてたので、同じ訳者とはいえ違う訳で楽しめた。)こんなに訳のわからない詩ばかりだったろうか…。よく日本人に受け入れられたものだ。テニエルは刷り込みみたいなものだけど、この難解さがテニエルの決して可愛くはないイラストに合うのだ!ディズニーのアリスって詩の部分どうなってるのだろう。気になる!2020/08/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14876911

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。