スヌーピーの父 チャールズ・シュルツ伝

個数:

スヌーピーの父 チャールズ・シュルツ伝

  • ウェブストアに38冊在庫がございます。(2022年05月21日 20時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 732p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784750516165
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0097

内容説明

世界中で愛される漫画を終生描き続け、桁違いの成功を収める一方で、常に劣等感にさいなまれていた天才漫画家。その生涯を、手紙やメモなどを含む秘蔵資料と親族・関係者への取材により描き出す。作者の人生と重ね合わせることで漫画の隠された意味を解き明かし、アメリカで大きな話題を巻き起こした決定的評伝。「PEANUTS」を何倍も楽しむための必読書!

目次

第1部 北西部
第2部 神の子
第3部 中西部
第4部 西へ進んで
第5部 全盛期
第6部 たったひとりの帝国

著者等紹介

マイケリス,デイヴィッド[マイケリス,デイヴィッド] [Michaelis,David]
ジャーナリスト、伝記作家。1957年ボストンで生まれる。プリンストン大学卒。ニューヨーク在住。妻はドキュメンタリー映画の製作者ナンシー・スタイナー

古屋美登里[フルヤミドリ]
翻訳家、書評家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Willie the Wildcat

73
谷川俊太郎氏訳のシリーズに幼稚園で出会い、アメリカ文化への入り口となった『PEANUTS』。無休で働く姿勢は父譲りであり、最終話を目にした時は、自然グッと来た。ディズニーではなく画家養成学校を選択したのが最大の転機。作品イメージとは対照的な家族との関係性。特に子供たちとの件は、読むのが辛かった。加えて、Lucyは奥様のイメージとなる書きっぷり。この辺りがControversialなのかと推察。漫画はもちろんだが、様々な写真が掲載。因みに、私が好きなキャラクターは、今も昔もPeppermint Patty!2020/03/11

ぐうぐう

31
『ピーナッツ』を描いたチャールズ・シュルツの伝記だが、油断して読み始めると、とんでもない目に合わされる。シュルツの陰の部分にも果敢に足を踏み入れた結果、『ピーナッツ』の読者からは「こんなシュルツを見たくなかった」と波紋を呼び、遺族からは事実と反すると批判もあった本書は、と同時に大きな収穫ももたらせた。それは、『ピーナッツ』がシュルツの内面を正直に映した、赤裸々な告白漫画だったということを明らかにした点だ。父と母への屈折した感情、それにより歪んだ自身の性格、人としての、漫画家としての苦悩や自問、(つづく)2020/12/21

vonnel_g

3
子どもの頃ぬいぐるみを貰って以来のミッキーマウスよりスヌーピー派としては読まねばならないと思って読んだ。よくここまで書いたな。スポーツも勉強も優秀でそれなりにルックスも良く絵もうまいけれど自己評価の低さゆえに異性との距離の測り方がうまく行かないというのはどこでも割とある話。スヌーピーの名前がノルウェイ語(母親がノルウェイ系だから)由来という話に一番感心する。全集買おうかと思っているのだけれど、今までと同じようには読めないな。2020/01/19

☆ツイテル☆

2
フライヤー2021/11/05

桜餅

2
「子どもの苦しみは、大人の苦しみよりもはるかにつらく感じられる」2021/01/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14403470

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。