夫のHがイヤだった。

個数:
電子版価格 ¥1,430
  • 電書あり

夫のHがイヤだった。

  • ウェブストアに20冊在庫がございます。(2020年02月19日 20時43分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 221p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784750516134
  • NDC分類 367.9
  • Cコード C0095

内容説明

レスになるには理由がある。人気ブログ、待望の書籍化。

目次

第1章 我慢―好きだけど、痛くてつらい
第2章 試練―セックスさえなければいい夫
第3章 限界―悲鳴をあげはじめた心と身体
第4章 崩壊―溝はますます深まるばかり
第5章 覚醒―私の身体、おかしくない!
第6章 回復―はじめて知った快感と幸福

著者等紹介

Mio[MIO]
大阪府生まれ。大学で知り合った同級生の男性と二十二歳で結婚。夫との夫婦生活が苦痛で、自分はセックスができない身体なのではないかと悩み、摂食障害とうつ病に。その後セックスレスを理由に夫から離婚調停を申し立てられ別居を経て離婚。2017年の冬からアメブロに当時を振り返る手記を連載し、大きな話題を集める。現在は税理士・行政書士・カウンセラーとして、女性起業家のサポート・離婚業務を中心に活動している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。