国際バカロレアとこれからの大学入試改革―知を創造するアクティブ・ラーニング

個数:

国際バカロレアとこれからの大学入試改革―知を創造するアクティブ・ラーニング

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年01月26日 20時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 263p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784750514604
  • NDC分類 375
  • Cコード C0037

出版社内容情報

大学入学の資格を問う試験が日本でも始まろうとしている!

世界はいま「コンピテンス(実力)」重視の教育へと大きく変わろうとしている。その最前線にある「国際バカロレア」と、目の前に迫った日本の大学入試改革の狙いを解説。「国際バカロレア」は、日本が豊かな先進国として生きていく姿勢があるのかどうかを問いかけている。教育関係者必読!

【著者紹介】
1950年、岐阜県生まれ。東京大学大学院教育学研究科博士課程修了。都留文科大学副学長。主な著書に『格差をなくせば子どもの学力は伸びる』『フィンランドは教師の育て方がすごい』(小社刊)、『競争をやめたら学力世界一』『競争しても学力行き止まり―イギリス教育の失敗とフィンランドの成功』『こうすれば日本も学力世界一』(朝日選書)、他多数。

内容説明

世界はいま「コンピテンス(知力)」重視の教育へと大きく変わろうとしている。その先兵である国際バカロレアと、いよいよ実施される大学入試改革の狙いに迫る教育関係者必読の書!

目次

第1章 大学入試はどう変わるか
第2章 国際バカロレアの歴史
第3章 知識基盤経済に適応したIBカリキュラム
第4章 PYP(幼児・初等教育カリキュラム)
第5章 MYP(中等教育カリキュラム)
第6章 IBDP(大学接続カリキュラム)

著者等紹介

福田誠治[フクダセイジ]
1950年、岐阜県生まれ。現在、都留文科大学学長。同大は、国際バカロレア教員養成認定校となり、世界に通用する教員育成とアクティブ・ラーニングに向け、「国際教育学科」開設を予定(2017年4月)している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。