ハーベン ハーバード大学法科大学院初の盲ろう女子学生の物語

個数:

ハーベン ハーバード大学法科大学院初の盲ろう女子学生の物語

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月26日 04時26分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 357p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784750352091
  • NDC分類 936
  • Cコード C0036

内容説明

視界なき現代に盲ろう女性が放つ心のサーチライト。空前の回想録。

目次

父が連れ去られた日―1995年夏 エチオピア アディスアベバ
道のりは始まったばかり―2000年秋 カリフォルニア州オークランド
戦争―2001年夏 エリトリア アスマラ
ばかげた性差別とばかげた雄牛―2001年夏 エリトリア アスマラ
旋律が奏でるヒント―2001年夏 エリトリア アスマラ
エンチャンテッド・ヒルズでダンス―2003年夏 カリフォルニア州ナパ
皿洗いでゴマすり―2003年秋 カリフォルニア州オークランド
砂漠で水合戦―2004年春 マリ ケグネ村
アフリカの夜に途方にくれる―2004年春 マリ ケグネ村
村に秘密を知られないように―2004年春 マリ ケグネ村
落下式便所―2004年春 マリ ケグネ村
愛の交錯する干渉を乗り越えて―2005年夏 カリフォルニア州オークランド
両親に読ませたくない1章―2006年夏 ルイジアナ州ラストン
誰も見ていないかのように遊べ―2006年夏 ルイジアナ州ラストン
盲目を積極的に捉えるポリシー―2006年夏 ルイジアナ州ラストン
唯一、信じられるおとぎ話―2006年秋 オレゴン州ポートランド
エイブリズムのこと、目を使わずにピーナツバター&ジェリーのサンドイッチを作ること―2006年秋 カリフォルニア州オークランド
決して、クマに背を向けて走り去るべからず―2006年秋 オレゴン州ポートランド
冷酷な真実をつきつけるアラスカ―2008年夏 アラスカ州ジュノー
地震を起こす、ちっちゃな犬―2009年夏 ニュージャージー州モリスタウン
氷山の上までついてくるほどの、愛―2010年冬 アラスカ州ジュノー
ハーバード大学法科大学院初の盲ろう学生―2010年秋 マサチューセッツ州ケンブリッジ
合法的に「ケリ入れてやった!」―2015年冬 バーモント州バーリントン
ホワイトハウスでのアメリカ障害者法記念式典―2015年夏 ワシントンDC

著者等紹介

ギルマ,ハーベン[ギルマ,ハーベン] [Girma,Haben]
障害者権利擁護弁護士、講演家、またライターである。ハーバード大学法科大学院を卒業した初の盲ろう学生でもある。障害を持つ人々が平等な機会を獲得するための活動を繰り広げている。オバマ大統領は、「ホワイトハウスが認める変革のチャンピオン」に指名した。また、ヘレン・ケラー実践賞(Helen Keller Achievement Award)を受賞し、フォーブス紙の選ぶ、世界を変える30歳未満の30人に選出された。法律や社会学、テクノロジーへの深い知識をもとに、モノやサービスを提供する企業に向けて、十分にアクセシビリティを確保することにどのようなメリットがあるかを啓蒙し続けている

斎藤愛[サイトウアイ]
南京大学に普通進修生として留学後、早稲田大学第一文学部哲学科卒業。中国書籍専門店内山書店勤務のかたわら、中日翻訳を始める。渡米後、モントレー国際大学院(現ミドルベリー国際大学院モントレー校)翻訳通訳修士号を取得、現在は日英フリーランス翻訳通訳者として活躍中

ケント・ウォン,マギー[ケントウォン,マギー] [Kent Wong,Margie]
米国コロラド大学心理学部卒業。南山大学留学生別科日本語専攻修了。米国帰国後、モントレー国際大学院(現ミドルベリー国際大学院モントレー校)に入学し、会議通訳学修士号を取得。社内通訳翻訳者を経てフリーランス翻訳・通訳者となる。シリコンバレー在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

どんぐり

81
ヘレン・ケラーが入学願書を出しても許可しなかったハーバード大学法科大学院に初の盲ろう女子学生として入学し、障害者権利擁護弁護士となったエリトリア系アメリカ人の回想録。ハーベンは学生のときに障害者のアクセシビリティに関する法的義務を怠ったとフードサービス会社に改善を求め、そこから法律と社会学を選び、障害をもつ人々が平等な機会を獲得するための活動に取り組むようになった。アメリカ障害者法(ADA)記念式典において当時のオバマ大統領とバイデン副大統領を紹介するパブリック・スピーキングも行っている。→2022/03/05

Katsumasa Kishi

23
両親が東アフリカ エリトリアから移住しカリフォルニアベイエリアで育った盲ろう女子が、ハーバードのロースクールを卒業し、世界の障害者にアクセシビリティを促進するビジネスパーソンになるまでが語られる。目がほとんど見えず、耳も聞こえずして、ハーバードを出たのは彼女の聡明さと努力によるものだが、それ以上の彼女の良さは、とにかく前向きで明るいこと。一方で、障害者の方が常に感じている疎外感や世の中の障害者は劣っているとするエイブリズムへの嫌悪感、障害者を特別扱いすることの弊害は、完全ではないにせよ、知ることが出来た。2021/10/11

Yuri

18
普段は翻訳本はほとんど手に取らないのだが、不思議と惹き付けられ、迷わず表紙を開くに至った。 ノンフィクションだからこそ伝わる熱量やリアルな感情の動きがあって、「他人」の努力し 輝いている人の人生の一端に触れる機会に恵まれたことを嬉しく思う。まるで講演会を聴きに行っているかのような感覚になった。フィクション作品を読むのとは少し違うじわっと熱くなる読了感。2021/07/05

やなぎ

4
ハーバード・ロースクール卒の弁護士、ハーベン・ギルマのエッセイ。目がほとんど見えない、耳がほとんど聞こえない、女性、アフリカ系アメリカ人。明石書店のHPでこの本を知ったとき、彼女の属性に私は惹かれた。作家の属性に惹かれて本を開くとき、どうしてもある固定された期待を抱いてしまう。私は本書に、当事者研究という要素を期待し、同時に、心のどこかで彼女の人間性に「触発」されることを期待していた。エッセイという形態は当事者研究とは少し違うあり方を私に示し、ハーベン氏は言葉を尽くして「触発」の問題を提起する。2021/07/13

riri4125

2
恥ずかしながら、エイブリズム(健常者側からの障害者差別)という言葉を初めて知った。誰しも事故や病気で、あるいは老化で、何らかの障害を得る可能性はある。最初は自分の学ぶ権利獲得のために働きかけ、それが結果として自分以外の人々にも役立つと気づき、今はすべての人に平等な機会を与えるべく活動しているハーベンのバイタリティは素晴らしい。2021/12/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18109229

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。