包摂・共生の政治か、排除の政治か―移民・難民と向き合うヨーロッパ

個数:

包摂・共生の政治か、排除の政治か―移民・難民と向き合うヨーロッパ

  • ウェブストアに18冊在庫がございます。(2019年11月21日 12時54分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 324p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784750348605
  • NDC分類 334.43
  • Cコード C0036

内容説明

なぜ分断が煽られているのか?「移民・難民問題」の政治争点化と右翼ポピュリスト政党台頭の実相について、ヨーロッパ各国の具体的な政治社会動向を多角的に分析。ヨーロッパ各国とEU難民政策の専門研究者が、移民・難民に関連する各国の状況を実証的に分析し、その意味を考察する。

目次

序章 「移民・難民問題」とヨーロッパの現在
第1章 リベラルな価値に基づく難民保護のパラドックス―ドイツの「歓迎文化」が内包する排除の論理
第2章 イタリアにおける「移民・難民問題」と政治対立―レーガ(同盟)による政治争点化をめぐって
第3章 スウェーデンにおける移民・難民の包摂と排除―スウェーデン民主党の中道政党化をめぐって
第4章 “難民問題”を争点化する東中欧諸国の政治―チェコの政党政治を中心に
第5章 AfD(ドイツのための選択肢)の台頭と新たな政治空間の形成―国民国家の境界をめぐる政治的対立軸
第6章 「自分さがし」を進める英国―ウインドラッシュ(Windrush)事件とブレクジット(Brexit)からその行方を問う
第7章 統合か、排除か―フランスにおける移民および「移民問題」とそれをめぐる政治的言説
第8章 バルセロナ市における移民包摂の動き―「民主的反復」の可能性を秘めた闘い
第9章 移民統合政策の厳格化と地方自治体における多文化主義―オランダ・ハーグ市の事例から
第10章 問われる欧州共通庇護政策における「連帯」―二〇一五年九月のリロケーション決定をめぐって

著者等紹介

宮島喬[ミヤジマタカシ]
お茶の水女子大学名誉教授。専門分野:社会学理論、国際社会学

佐藤成基[サトウシゲキ]
法政大学社会学部教授。専門分野:ナショナリズムと国家の比較研究、歴史社会学、社会学理論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件