水子供養・商品としての儀式―近代日本のジェンダー/セクシュアリティと宗教

個数:

水子供養・商品としての儀式―近代日本のジェンダー/セクシュアリティと宗教

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月04日 11時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 444p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784750345994
  • NDC分類 385.6
  • Cコード C0036

内容説明

米国の宗教学者による水子供養の画期的論考、待望の邦訳。史料分析と現地調査により、大衆メディアの活用、徹底的な商業化、超宗派的な儀式の性格を多面的に描き、その根底にある女性差別、胎児中心主義的イデオロギーを暴き出す。

目次

第1章 水子供養以前における生殖の儀式化
第2章 水子供養の実践と中絶の本質の変容
第3章 現代の性文化における中絶
第4章 水子供養の担い手
第5章 四つの地域における水子供養
結論

著者等紹介

ハーデカー,ヘレン[ハーデカー,ヘレン] [Hardacre,Helen]
ハーヴァード大学ライシャワー日本研究所、日本宗教社会学教授。ヴァンダービルト大学の学部生時代から日本の宗教について研究を開始し、1980年にシカゴ大学のジョセフ・キタガワ教授の下で博士号取得。1980‐1989年プリンストン大学宗教学部、1990年から2年間、オーストラリアのグリフィス大学現代アジア研究所で教鞭をとり、1992年から現職。2003年、J・S・グッゲンhシム・フェローシップを取得。2014年には全米芸術科学アカデミーに選出された

塚原久美[ツカハラクミ]
1980年代半ばよりフリーランスの翻訳家・ライターとして活躍。金沢大学大学院にてジェンダーの観点から日本の中絶問題を研究し、博士号取得

清水邦彦[シミズクニヒコ]
金沢大学人間社会研究域歴史言語文化学系国際学類教授。筑波大学助手等を経て、1999年金沢大学文学部人間学科比較文化学講座助教授。2017年より現職。博士(歴史民俗資料学、神奈川大学)

猪瀬優理[イノセユリ]
龍谷大学社会学部准教授。宗教社会学。日本学術振興会特別研究員を経て、北海道大学大学院文学研究科博士後期課程修了。北海道大学大学院文学研究科助教を経て現職。博士(行動科学)

前川健一[マエガワケンイチ]
創価大学大学院文学研究科准教授。仏教学・生命倫理学。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(文学、東京大学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

vonnel_g

2
日本独自の文化らしい水子供養(そういえばアメリカのホラーで中絶胎児が祟るという話は観たことがない)、その起源や広まりの経緯、背後にある女性差別などを文献と調査によって明らかにして行く。人生相談に関する研究文献が少ないという話に驚く。ここの研究は狙い目かも。経済的な理由で水子供養の設備を作ろうとしたら「祟りに遭った」ように失敗するというような論文の書籍化にあるまじき生臭いお話が多数掲載されていて大変面白い。2020/03/22

弥陀

0
8割読んだ

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12574120

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。