聴覚障害者へのソーシャルワーク―専門性の構築をめざして

個数:
  • ポイントキャンペーン

聴覚障害者へのソーシャルワーク―専門性の構築をめざして

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 197p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784750341415
  • NDC分類 369.27
  • Cコード C0036

目次

第1章 研究課題と構成(研究の目的;研究の方法 ほか)
第2章 クライエントとしての聴覚障害者(聴覚障害者とは;聴覚障害者へのまなざしの変遷 ほか)
第3章 相談援助専門職であるソーシャルワーカー(ソーシャルワーカーとは;ソーシャルワーカーのジェネラルな技能とスペシフィックな技能)
第4章 聴覚障害ソーシャルワークの理論的枠組みの形成(調査分析;インタビュー調査の方法 ほか)
第5章 ソーシャルワーカーのコンピテンス(コンピテンスに関する先行研究;異文化間ソーシャルワークにおけるカルチュラル・コンピテンス ほか)
第6章 聴覚障害ソーシャルワーカーのコンピテンス(調査分析;インタビュー調査の方法 ほか)
第7章 調査結果の考察と今後の研究課題―文化モデルアプローチの構築に向けて(調査結果の妥当性;ろう文化視点の重要性の確認 ほか)
第8章 まとめ(本件球の要約と結論;本研究の意義と限界 ほか)

著者等紹介

原順子[ハラジュンコ]
四天王寺大学人文社会学部人間福祉学科教授。関西大学社会学部卒業。1981年、関西大学大学院社会学研究科博士前期課程修了。2014年、関西大学大学院博士後期課程修了。博士(社会学)。専門分野は障害者福祉、ソーシャルワーク(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。