子どものための親子論―「親子になる」という視点

個数:

子どものための親子論―「親子になる」という視点

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 212p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784750337593
  • NDC分類 369.43
  • Cコード C0036

内容説明

血縁、非血縁にかかわらず、親子関係のいまを充実させるために、「親子になる」という視点で子どもの側から親子関係をとらえ直すことの重要性を示した本書は、子どもを育てるすべての人の必読の書といえるだろう。

目次

第1章 「親子になる」こと
第2章 母を求めて、母を得る―子どもの試し行動
第3章 生まれ直し、育ち直し
第4章 子どもが伝えるイノセンス
第5章 「ママ」と呼ばれて「ママ」になる
第6章 わたしだけを受けとめて
第7章 星の王子さま
第8章 「親子になる」ことがむずかしいわけ
第9章 やすらぎから遠い子どもたち
補章 原初の母性をめぐって

著者等紹介

芹沢俊介[セリザワシュンスケ]
評論家。1942年東京生まれ。上智大学経済学部卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。