「辺境」からはじまる―東京/東北論

個数:

「辺境」からはじまる―東京/東北論

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 356p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784750335889
  • NDC分類 369.31
  • Cコード C0036

内容説明

米、鉄、人材、電力…これまで東北は、東京の欲望を叶える工場であり続けてきた。それは実際、東北に何をもたらしたのか。また3・11により、そうしたシステムの限界が露呈したとするなら、「辺境」たる東北はどこに展望を見出すべきか。徹底的に考える。

目次

1 東京/東北の過去と現在(東京の震災論/東北の震災論―福島第一原発事故をめぐって;全村避難を余儀なくされた村に「生きる」時間と風景の盛衰;再帰する優生思想;「災間」の思考―繰り返す3・11の日付のために;「大きなまちづくり」の後で―釜石の「復興」に向けて;核燃・原子力論の周辺から描く東京/青森/六ケ所;多様な生業戦略のひとつとしての再生可能エネルギーの可能性―岩手県葛巻町の取り組みを手がかりに;「飢餓」をめぐる東京/東北)
2 東京/東北の未来へ―赤坂憲雄×小熊英二対談

著者等紹介

赤坂憲雄[アカサカノリオ]
東北芸術工科大学東北文化センター所長を経て、2011年4月より学習院大学教授。福島県立博物館長、遠野文化研究センター所長も務める。著書に『岡本太郎の見た日本』(岩波書店、2007、ドゥマゴ賞ほか)など

小熊英二[オグマエイジ]
1987年、東京大学農学部卒業。出版社勤務を経て、1998年、東京大学教養学部総合文化研究科国際社会科学専攻大学院博士課程修了。現在、慶應義塾大学総合政策学部教授。著書に『1968』(新曜社、2009、角川財団学芸賞)、『「民主」と「愛国」』(新曜社、2002、大佛次郎論壇賞ほか)、『単一民族神話の起源』(新曜社、1995、サントリー学芸賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

壱萬弐仟縁

18
読書家各氏のコメントも重厚な内容。東京というシステムが、どうもきわめて危うい基盤の上にある(35頁山下先生)。山下先生の37頁にあるご指摘は、農山村研究上、東京一極集中が大きな問題だと痛いほどわかる。佐藤先生は、中山間の補助金から外れる世帯を含めての集落の豊かさを享受してもらいたいという、飯館村の60代男性のコメントを紹介された(64頁)。むらづくりに成果を上げていた飯館村が北西方向の高濃度被害を受けたのは風向きを恨むしかないのか。仁平先生が、この国の先送り癖である、「厄災の先延ばし」(124頁)を批判。2014/01/28

ハチアカデミー

14
関東に住む人間には見えていない/見ようとしていないものが、東北からのまなざしによって明らかにされる。そして、地方から見た日本の近現代、中央/地方の関係史が各論で取り上げられている。編者として名前の挙げられている赤坂憲雄、小熊英二の両名は巻末の対談(各論の補足と解説レベル)が掲載されているのみだが、目を開かされる論考が所収されている。原発事故を現代日本のある種の典型として見る山下祐介氏、次にくる震災までの「災間」と現在を位置づける仁平典宏氏、食を中心に日本の現在形成過程を辿る山内明美氏の論が特に印象深い。2012/08/17

makoppe

3
特によかったのは「優生思想」の三章、「災間論」の四章、そして「稲作ナショナリズム」の八章。地震を通して気付かされることになった地方と都市という関係性の矛盾。そのような関係性は都会の中であろうと存在している。小熊が最初に書いた通り、わたしたちは誰もが辺境に住んでいる。そのことを自覚することが出来る素晴らしい本である。2013/07/20

えんさん(연싼)@読書メーター

3
地方とよばれる<東北>と、都市とよばれる<東京>の関係が、3.11の震災以降で明らかになり、その関係性を見直すための一冊だと思います。特に八章の食糧の点から見る東北は面白かった。現在のように農業地域としての<東北>が作られていったのは戦後であることから、都市部の「豊かさ」を手に入れるために<地方>に犠牲を強いているのだと改めて感じました。2013/09/05

kozucco

3
これらを踏まえない言説は、どんな善意を纏っても、暴力性を帯びた空論だ。だから、深く刻み込むように読む。だから、とても時間がかかった。2012/12/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4844428

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。