薬害エイズを生きる―帝京大病院血友病患者 島田照国の記録

薬害エイズを生きる―帝京大病院血友病患者 島田照国の記録

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 224p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784750308722
  • NDC分類 493.11
  • Cコード C0036

内容説明

出血が止まらず、死線をさまよったときに助けてくれた医師が、なぜ、HIV感染の疑いが濃い血液製剤を使い続けたのか。実名を公表して提訴に踏み切った患者と家族の苦悩と希望を描く。

目次

1 生い立ち(少年の日の記憶;独り立ち ほか)
2 告知(帝京大エイズ第一号患者;京英会 ほか)
3 三重の構造犯罪(非加熱血液製剤使用続行の謎;HIV第四ルート感染;実名提訴を決意)
4 社会の偏見と闘う(職場とエイズ;労働組合とエイズ対策)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おんぐ

0
色々と考えさせられた。日本は新薬の認可まで時間がかかり、患者を救うはずが別の病気に感染させられるとは・・・。2012/01/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1882298

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。