早稲田新書<br> 「平和宣言」全文を読む―ヒロシマの祈り

個数:

早稲田新書
「平和宣言」全文を読む―ヒロシマの祈り

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月16日 16時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 244p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784657220035
  • NDC分類 319.8
  • Cコード C0236

出版社内容情報

平和ボケしているのか。それとも戦争ボケしているのか―。広島市長が毎年8月6日に読み上げる「平和宣言」は、戦争被爆国になった日本の「戦争の世紀」を思い起こさせる特別な機会。その基調は原爆死没者慰霊碑に刻まれた「過ちは繰返しませぬから」である。 「核の時代」に生きる私たちは、「戦争の世紀」に犯した過ちを繰返さないと言い切れるか。1947年の第1回平和宣言は「原子力をもって争う世界戦争は人類の破滅と文明の終末を意味する」「永遠に戦争を放棄して世界平和の理想を地上に建設しよう」と呼び掛けた。 それから75年。核兵器の削減は進まない。平和宣言全文に加え、歴代3市長のロングインタビューを収めた本書。核兵器禁止条約が2021年1月に発効したのを機に、核廃絶と世界平和実現の道筋を示す。待望の「平和研究・学習のためのテキスト」が誕生しました!!
 (制作協力:広島市、広島大学平和センター、中国新聞社)

内容説明

「平和宣言」は日本国憲法と並ぶ「人類生存のためのテキスト」です。元市長・平岡敬氏、前市長・秋葉忠利氏、市長・松井一實氏、広島の歴代3市長のインタビュー所収!!

目次

第1章 平和宣言・松井一實市長(2021~2011年)
第2章 平和宣言・秋葉忠利市長(2010~1999年)
第3章 平和宣言・平岡敬市長(1998~1991年)
第4章 平和宣言・荒木武市長(1990~1975年)
第5章 平和宣言・山田節男市長(1974~1967年)
第6章 平和宣言・濱井信三市長(第2期)(1966~1959年)
第7章 平和宣言・渡辺忠雄市長(1958~1955年)
第8章 平和宣言・濱井信三市長(第1期)(1954~1947年)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

古本虫がさまよう

6
日高純氏の『日本の中の異境 秘史日本原水協』で触れている反核団体が惨めに分裂したのは1961年夏。ソ連の核実験を容認する日本共産党…。そのドタバタ劇に関しては、その年の前後のの宣言では特に触れていない。北朝鮮が初めて核実験をしたのは2006年10月9日。2007年の宣言を見ると、長崎市のほうはまだ北朝鮮の核保有に触れている。2006年の宣言でも、核保有を目指す北朝鮮への懸念を表明している。ところが、広島市のほうは「北朝鮮」の「キ」も出てこない。当時の広島市長の「容共リベラル」ぶりには愕然とするしかない。 2022/08/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19333209
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。