〈早稲田大学ブックレット「震災後」に考える〉シリーズ<br> 新聞は大震災を正しく伝えたか―学生たちの紙面分析

個数:
電子版価格 ¥648
  • 電書あり

〈早稲田大学ブックレット「震災後」に考える〉シリーズ
新聞は大震災を正しく伝えたか―学生たちの紙面分析

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年06月25日 19時59分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ A5判/ページ数 118p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784657123084
  • NDC分類 369.31

内容説明

今までと同じゼミナールでいいのか―学生たちは大災害の衝撃にまっすぐに向き合おうと教授研究室を工房に変え新聞紙面に目を凝らし被災地の声に耳を傾け報道の実像を追った。

目次

第1部 実証的視点(全国紙が見た震災・地方紙が見た震災―記事面積分析は何を教えるか;震災報道の「顔」―河北新報の情報源を検証する;津波被災は持続的に報道されたか―阪神淡路大震災との比較から)
第2部 批判的視点(新聞はなぜ「大本営発表報道」と批判されるのか;プルトニウム報道に見る在京紙と地方紙―超猛毒物質から福島県民を守るのはだれか;写真分析から見えた新聞記者の葛藤―報道の使命か、身の安全か;新聞が伝える「死」―「死」と向き合い、考える)
第3部 4つの場所から考える(石巻市立大川小学校―検証記事をどう活かすか;南三陸町防災対策庁舎―報道対象の一極集中はなかったか;長野県栄村―もう1つの被災地と地域の営みからの報道;牡鹿半島・十八成浜―「がんばれ」は思考停止の言葉)

著者紹介

花田達朗[ハナダタツロウ]
早稲田大学教育・総合科学学術院教授。ジャーナリズム教育研究所所長。オープン教育センター・全学共通副専攻・ジャーナリズム/メディア文化コースを運営。早稲田大学卒、ミュンヘン大学大学院修了。東京大学大学院情報学環教授・学環長を経て、2006年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)