• ポイントキャンペーン

フーコーと法―統治としての法の社会学に向けて

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 241p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784657072054
  • NDC分類 321.3
  • Cコード C1030

出版社内容情報

ミシェル・フーコーは、その権力分析において、法が主導する、いわば上意下達的な権力概念を批判しました。この批判に対して、いまだ法・政治の分野からは十分な反論がなされていません。本書は、フーコーの批判に応え、書かれた条文/上からのお達しという法のイメージを捉え直し、法社会学の新しい枠組みを提出します。また、導入部に「フーコー入門」の1章を設け、フーコーの著作とキーワードを分りやすく解説しました。

内容説明

フーコーの権力・統治性論は法の現在に応じることができるか。その有効性を法社会学の観点から検証する。

目次

1 ミシェル・フーコー―イントロダクション(ミシェル・フーコー入門)
2 法をめぐるフーコー(法と近代性;フーコーによる法の排除を批判する)
3 フーコーを展開する(統治とその原理;統治としての法;統治としての法の社会学のための方法原理;結び―作動中の統治としての法の社会学)

著者等紹介

久塚純一[ヒサツカジュンイチ]
早稲田大学社会科学総合学術院教授

永井順子[ナガイジュンコ]
早稲田大学大学院社会科学研究科博士後期課程(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。