よりみちパン!セ
あのころ、先生がいた。

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 140p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784652078310
  • NDC分類 K916
  • Cコード C0330

内容説明

ひとりぼっちでも何かに夢中になること。ことばが世界を開いてくれること。教えてくれたのは、みんな先生たちでした。毎日会う。毎日声を聞く。そばにいて、日々のくり返しの中でゆっくりと大切なことを伝えてくれた、あのころのこと。思春期のこどもたちへ詩人がおくる、ステキな思い出たち。

目次

小学生のころ。(シミズ先生とキヨ;シミズ先生とアベちゃん;変人のすすめ)
中学生のころ。(トガシ先生;ヤダ先生;オキタ先生;忘れた先生たち)
高校生のころ。(直立カバ;オメガ;カオルちゃん;コスギ;チリババ;コト先生)

著者等紹介

伊藤比呂美[イトウヒロミ]
1955年生まれ。詩人。青山学院大学卒業後、身体の細やかな感覚を鮮烈にあらわした『青梅』『テリトリー論』1、2(ともに思潮社)で大きな注目を集めるかたわら、『良いおっぱい悪いおっぱい』『おなかほっぺおしり』(ともに集英社文庫)などの出産・育児の体験エッセイがベストセラーとなる。東京都板橋区生まれ。作品に『ラニーニャ』(新潮社、野間文芸新人賞)、『河原荒草』(思潮社、高見順賞)、『とげ抜き 新巣鴨地蔵縁起』(講談社、萩原朔太郎賞)など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

tokotoko

52
この春からなぜか!なぜなのか!?運命のいたずらで・・・中学校で働いています。朝が来たら、体はロボットのように働きに行くのだけれど、気持ちはなかなか環境についていきません。先生も子どもも、とにかく・・・デカイのです。だから、今週末、本の世界でも中高生に慣れよう!と読んだ1冊目。学校エッセイです。個性も人間味もあふれまくった先生達、登場!立派な先生達も、生徒の立場から見ると・・・こんなになっちゃうの!?と楽しかったです。デカイ人の頭の中がちょっぴりのぞけたような気がしました。2017/04/22

takaC

38
「先生たちの名前はときどき仮名(かめい)にしてあります」え?どれくらいときどきさね?2013/08/10

BlueBerry

20
まあまあ面白かった。感動するほどではなかったかな。2013/08/21

ネギっ子gen

19
「よりみちパン!セ」の理論社版。<先生の話。最後は、生身の人間じゃなかった先生たちをつけ加えて、おしまいにします/あたしにとっては本当に大切な思い出を作ってくれた先生たちだけじゃない、覚えてない先生たちも、読んだ本も、聞いた音楽も、何もかもが先生だったような気がしますねえ。自分のからだも、尽きることなかった恋心も、雲の色も、歌った歌も、まずかった給食の味も、体育館のあのにおいも>と。そう、確かに。あたいの高校時代最大の恩師は、パスカル先生になるかなぁ……。溺れるような感覚で、『パンセ』を読み耽っていた。⇒2021/01/13

頼ちゃん

11
自分の先生たちをいろいろ思い出しながら読んだ。そして学校で働くようになってから出会った先生たちのことも。子供の時は親以外で接するほぼ全ての大人が先生。先生、ありがとうって感じです。2018/11/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/441226

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。