歴史と古典<br> 源氏物語を読む

個数:

歴史と古典
源氏物語を読む

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月18日 06時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 256p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784642071512
  • NDC分類 913.36
  • Cコード C1321

内容説明

王朝社会に生きた源氏一族の壮大な物語は、紫式部が歴史書として描いた「虚構のなかの正史」であった。歴史・文学・考古学・芸術ほか幅広い視点から『源氏物語』の時代と後世への影響をみすえた新しい魅力に迫る。

目次

源氏物語とその時代
1 源氏物語の土壌(源氏物語の登場;源氏物語と王権;源氏物語の男と女;王朝貴族の生と死)
2 源氏物語の世界(検証・平安京とその周辺;王朝貴族と源氏物語;描かれた源氏物語)
3 現代に生きる王朝の遺産(源氏物語以後―注釈書を中心に;源氏物語と日本文化)

著者等紹介

瀧浪貞子[タキナミサダコ]
1947年大阪府生れ。1973年京都女子大学大学院修士課程修了。現在、京都女子大学文学部教授、博士(文学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

俊介

16
源氏物語をさまざまな観点から読み解く。なかでも、虚構である「物語」と、社会の現実との関係性を考察した章は印象的だった。当時実際には、制度としては一夫一妻制だったという。まるで一夫多妻かのように描かれるのは、あくまで物語上の虚飾らしい。確かに非日常の方が物語として面白くなるのは、現代だって同じ。目から鱗だったが、思うに、建前と実態との乖離が激しい社会ではあったのだろう(これも現代も同じ)。物語は現実とは違うが、むしろ、建前という「現実の虚構性」を暴き、実態に迫れるのは物語。古典からも読み取るべきことは多い。2022/01/10

読書記録(2018/10~)

0
様々な視点の複数名による論文集。瀧浪氏論文は特に興味深く、紫式部が「正史を凌駕する真実の歴史」を意識したとする。帝の人物比定を桐壺=宇多帝とし、正史途絶後からの書き継ぎを標榜した。朱雀院や冷泉院の名称は、おもに上皇御所とされた後院で、特定の人物を指さない抽象的な呼称。工藤氏による、物語の男女関係についての論文も印象的。妻として世間的幸福を獲得できる条件をまったく持ち合わせていない設定の紫の上をヒロインとするため、周囲の女性の不幸は決定づけられているという。2021/05/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1821130

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。