歴史文化セレクション<br> インド美術史

個数:

歴史文化セレクション
インド美術史

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年02月21日 10時12分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 248p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784642063555
  • NDC分類 702.25
  • Cコード C1371

内容説明

仏教美術とヒンドゥー美術を中心にイスラム美術まで、インド美術の変遷を克明に辿る。歴史的概括にとどまらず、インド美術の特質を視点に捉え、豊富な図版を用いてわかりやすく解説。

目次

1 インド美術の先駆
2 古代初期の仏教美術
3 仏教美術の革新
4 仏教美術の完成と衰退
5 ヒンドゥー教美術の隆盛
6 イスラム時代のインド美術

著者等紹介

宮治昭[ミヤジアキラ]
1945年静岡県に生まれる。1968年名古屋大学文学部(美学美術史専攻)卒業。1972年同大学院博士課程(印度哲学専攻)中退。名古屋大学助手、弘前大学助教授、名古屋大学教授等を経て、現在、龍谷大学教授、静岡県立美術館館長、名古屋大学名誉教授、文学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

in medio tutissimus ibis.

5
インダス文明からムガル王朝までのインド美術の通史及び概説書。思想宗教は無論のこと、政治経済的な背景にも言及されるので、インド古代史の概説でもある。半面、内容をきちんと理解するには逆にそういった知識を踏まえる必要があるだろう。ヒンドゥー美術のパトロンとなった諸王朝とか本書の中では交代が激しすぎる上に位置関係が頭に浮かばなくて困った。肝心の美術に関しても、付された写真は白黒で(多くは建築や彫刻なのは不幸中の幸いだが)小さいので、詳しくは別途あたる必要があるだろうが、これは今日ネットがあればさほど問題ではない。2018/03/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2284500
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。