近代日本と戦争違法化体制 - 第一次世界大戦から日中戦争へ

個数:

近代日本と戦争違法化体制 - 第一次世界大戦から日中戦争へ

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 335,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784642037464
  • NDC分類 392.1
  • Cコード C3021

出版社内容情報

第一次大戦後に設立された国際連盟の規約により、戦争は国際法上違法とされた。連盟の常任理事国日本が、満洲事変という侵略戦争を拡大しえたのはなぜか。日本がいつ連盟規約に違反する方針を決定し、政府・軍・国際法学者は対中武力行使の違法性についていかなる認識をもったのかを検証。1920年代に戦争違法化体制が出現した歴史的意味を考える。

〈主な目次〉序章=視座としての戦争違法化/Ⅰ=戦争違法化と日本/Ⅱ=近代日本の出兵・開戦正当化の論拠/Ⅲ=内戦不干渉方針の展開と対中武力行使/Ⅳ=満州事変と戦争違法化体制/Ⅴ=戦争違法化体制の動揺と日中戦争/Ⅵ=ヴェルサイユ=ワシントン体制論/終章=戦争違法化原理の持続性