幕末の情報と社会変革

個数:

幕末の情報と社会変革

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年11月17日 06時02分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 336,/高さ 21cm
  • 商品コード 9784642033657
  • NDC分類 210.58
  • Cコード C3021

内容説明

幕末の豪農は、多くの政治情報や異国船の来航など、重要な機密情報まで入手していた。彼らの日記や情報集・書状を通して、身分を越えた広範な情報伝達の構造を解明。維新へと動き出す幕末社会に与えた影響を考察する。

目次

第1編 幕末期村社会の情報構造(幕末期の情報交換と機構の変化―天保期寄場組合大惣代と関東取締出役;村方情報の主体と継承―寛延四年豆州江梨村における名主交代事件の語るもの;「日記」に現れた村落上層民の人間関係―下総国結城郡菅谷村大久保家を事例として)
第2編 幕末の政治情勢と村落上層民の行動(幕末期関東豪農の政治意識の形成―武州入間郡平山村斎藤家の場合;志士と豪農;幕末期における一草莽の軌跡)
第3編 海防と海村(幕末期異国船防備体制と村落上層民―九十九里浜を事例として;開港期の異国船と村人;村落上層民の異国船情報収集活動―大久保家の場合)

著者等紹介

岩田みゆき[イワタミユキ]
1958年島根県に生まれる。1982年青山学院大学文学部史学科卒業。1985年お茶の水女子大学大学院人文科学研究科(修士課程)修了。現在神奈川大学日本常民文化研究所専任職員
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。