中世仏教絵画の図像誌―経説絵巻・六道絵・九相図

個数:
  • ポイントキャンペーン

中世仏教絵画の図像誌―経説絵巻・六道絵・九相図

  • 山本 聡美【著】
  • 価格 ¥9,350(本体¥8,500)
  • 吉川弘文館(2020/02発売)
  • 【ウェブストア】お届け商品全点 ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 170pt
  • 提携先に3冊在庫がございます。(2020年05月26日 00時38分現在)
    通常、10日程度で出荷されます。
    ※出荷が遅れたり、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、10日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 504p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784642016636
  • NDC分類 721.1
  • Cコード C3071

内容説明

日本美術史は、仏教との関係を看過して語りえない。漢訳仏典を淵源とする図像が絵巻や掛幅に広く用いられ、時に、世俗の文学や伝承とも結びついて多義的な意味と霊性を獲得した。因果応報観に基づく絵巻、六道輪廻と救済を説く六道絵、朽ちてゆく死体を描く九相図など、中世日本における闇の表象を取り上げ、各々の図像成立と受容の歴史に迫る。

目次

序 日本中世の絵画と経説
1 経説絵巻論(「地獄草紙」「餓鬼草紙」―経説絵巻の手法;「病草紙」―経説から説話へ;「辟邪絵」―経説の痕跡;「伴大納言絵巻」―破戒の図像;「粉河寺縁起絵巻」―救済の図像)
2 宝蔵絵論(後白河上皇と常盤;光長―宝蔵絵誕生と絵師伝説;「放屁合戦絵巻」―中世後期の宝蔵絵再生)
3 六道絵論(「六道絵」の淵源―鳥羽安楽寿院の炎魔天堂;「六道絵」の構成―聖衆来迎寺本「閻魔王庁幅」の位置;「六道絵」の構図―聖衆来迎寺本「地獄四幅」に見る階層構造;「六道絵」の伝来―聖衆来迎寺本の修復と移動;「六道絵」の異本―フリーア美術館本の図像と様式;「六道絵」の終焉―出光美術館本と中世末期南都の信仰)
4 九相図論(九相図の源流―経説から文学へ;九相図の生成―不浄と無常の図像;九相図の変容―転生する身体)

著者等紹介

山本聡美[ヤマモトサトミ]
1970年、宮崎県に生まれる。2002年、早稲田大学大学院文学研究科芸術学(美術史)専攻博士後期課程単位取得満期退学。2007年、博士(文学)。大分県立芸術文化短期大学専任講師、金城学院大学准教授、共立女子大学教授を経て、早稲田大学文学学術院教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

日本美術史は、仏教との関係を看過して語りえない。漢訳仏典を淵源とする図像が絵巻や掛幅に広く用いられ、時に、世俗の文学や伝承とも結びついて多義的な意味と霊性を獲得した。因果応報観に基づく絵巻、六道輪廻と救済を説く六道絵、朽ちてゆく死体を描く九相図など、中世日本における闇の表象を取り上げ、各々の図像成立と受容の歴史に迫る。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件