高等商業学校の経営史―学校と企業・国家

個数:
  • ポイントキャンペーン

高等商業学校の経営史―学校と企業・国家

  • 長廣 利崇【著】
  • 価格 ¥5,832(本体¥5,400)
  • 有斐閣(2017/11発売)
  • クリスマス ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 108pt
  • ウェブストアに27冊在庫がございます。(2017年12月16日 20時06分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ キク判/ページ数 318p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784641165113
  • NDC分類 377.3
  • Cコード C3034

内容説明

学校教育の内容に踏み込んで検討を加え、戦前期日本の経済成長・産業発展を支えた高等商業学校が担っていた役割を解明し、実業教育と経済、企業経営との関わりを考察。さらに戦時期における学校と国家が相克する実態をも捉える。学校と企業・国家との関係性に光を当て、現在の大学改革論議にも一石を投じる力作。

目次

高等商業学校の役割
第1部 戦間期の学校と企業(修業年限延長への戦略;修業年限延長要求と学科課程;自由選択制と学科課程の改正;研究体制の構築;生徒の管理;文芸作品からみる生徒の特質;高等商業学校の就職斡旋活動)
第2部 戦時期の学校と国家(国民精神総動員運動と生徒の規律―1937~40年;大政翼賛会と学校行事の形式化―1941~43年;戦時体制下における学科課程の再編と「錬成」の限界;高等商業学校の転換)
高等商業学校と企業・国家

著者紹介

長廣利崇[ナガヒロトシタカ]
2004年、大阪大学大学院経済学研究科博士後期課程修了。和歌山大学経済学部准教授(専攻:近現代日本経済史・経営史)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

戦前期日本の経済成長・産業発展を支えた高等商業学校が担っていた役割を解明し、実務教育と経済、企業経営との関係を考察する。