東京大学ものづくり経営研究シリーズ<br> 建築ものづくり論

個数:

東京大学ものづくり経営研究シリーズ
建築ものづくり論

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2017年08月16日 22時41分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 495p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784641164147
  • NDC分類 520.9
  • Cコード C3034

内容説明

特殊と見られがちな建設業を、製造業と同じ「ものづくり論」「ものづくり産業」として分析。経営学、建築学の研究者が、新しい知見を求め、幾重にも議論を重ねて実現した。日本の建設業の強みと弱みを示し、一品一様の特注生産を行う産業にも示唆に富む。

目次

建築の「ものづくり分析」を行う意味
第1部 ものづくり経営学から見た建築(建築物と「広義のものづくり」分析;日本型建築生産システムの成立とその強み・弱み―ゼネコンを中心とした擦り合わせ型アーキテクチャの形成と課題;建築における価値創造―建築設計、建築施工において求められる「機能」の実現;プロダクトからサービスへ)
第2部 建築ものづくりの特徴(建築の特徴のとらえ方―これまでのつくり手の視点から使い手の視点へ;「アーキテクチャ」から見た日本の建築ものづくり;建築におけるアーキテクチャの位置取り戦略)
第3部 建築ものづくりにおける課題と展望(建築の顧客―建築は誰が評価するのか;建築物の価格設定―建築物の価格はなぜ決まりにくいのか;建築産業の契約に関する分析―ゲーム理論と情報の経済学の応用;建築の組織論―どのような組織、どのようなマネジャーが必要か)
建築産業のものづくりのあり方

著者紹介

藤本隆宏[フジモトタカヒロ]
1955年生まれ。現在、東京大学大学院経済学研究科教授

野城智也[ヤシロトモナリ]
1957年生まれ。現在、東京大学生産技術研究所教授

安藤正雄[アンドウマサオ]
1948年生まれ。現在、千葉大学名誉教授

吉田敏[ヨシダサトシ]
1963年生まれ。現在、産業技術大学院大学産業技術研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

経営学と建築学の共同研究により、特殊とみられがちな建築物、建設業を、普通の「ものづくり論」「ものづくり産業」として分析。