少年法 (第2版)

個数:

少年法 (第2版)

  • ウェブストアに44冊在庫がございます。(2022年07月05日 16時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 431p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784641139589
  • NDC分類 327.8
  • Cコード C1032

出版社内容情報

少年法の現状を,実務の運用と裁判例を踏まえて描き出すとともに,少年の健全育成という基本理念に基づく少年法の体系的な解釈を示す。成年年齢の引下げに伴う少年法改正(18歳・19歳の者を「特定少年」として扱う,実名報道を解禁するなど)に対応した。

目次
第1章 少年法の概要と基本理念
第2章 非行少年の発見過程
第3章 事件の受理と調査
第4章 審 判
第5章 終局決定
第6章 上 訴
第7章 準少年保護事件
第8章 少年保護事件の補償
第9章 少年の刑事裁判
第10章 少年事件の報道
第11章 少年法改正の歴史

著者略歴
著・文・その他:川出 敏裕

東京大学教授

内容説明

少年法の最新の動向を反映。少年法の現状を、実務の運用と裁判例を踏まえて描き出すとともに、少年の健全育成という基本理念に基づく少年法の体系的な解釈を示す。成年年齢引下げに伴う少年法改正を踏まえた最新版。

目次

第1章 少年法の概要と基本理念
第2章 非行少年の発見過程
第3章 事件の受理と調査
第4章 審判
第5章 終局決定
第6章 上訴
第7章 準少年保護事件
第8章 少年保護事件の補償
第9章 少年の刑事裁判
第10章 少年事件の報道
第11章 少年法改正の歴史

著者等紹介

川出敏裕[カワイデトシヒロ]
1967年岐阜県に生まれる。現在、東京大学大学院法学政治学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。