有斐閣アルマ<br> Do!ソシオロジー―現代日本を社会学で診る (改訂版)

個数:

有斐閣アルマ
Do!ソシオロジー―現代日本を社会学で診る (改訂版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年05月07日 07時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 297p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784641124967
  • NDC分類 361
  • Cコード C1336

内容説明

いま、ここに起きている問題を、社会学はどのようにとらえ、語りうるのか。格差やリスク、若者や家族などを論じながら、現代社会を浮かび上がらせる。未来を見すえるための、「いちばんやさしい」現代社会論。

目次

社会学の方法―社会を科学する
第1部 現代社会のアスペクト(孤人化する社会と親密性の罠―今日的な関係性の諸問題;学校から職業へ―“生きにくさ”の正体を探る;非行文化を喪失した少年犯罪―「優しい関係」を生きる今日の若者たち;地域社会の崩壊と再生の模索―豊かな社会のかなた;豊かな社会の格差と不平等;社会変動と文化現象)
第2部 21世紀社会のグランドデザイン(「ジェンダー・フリー」のゆくえ―家族のかたちから21世紀日本社会を考える;ネオリベラリズムと福祉国家―グローバル化時代の生活保障;リスク社会の克服―リスクとつきあって生きていく時代に;21世紀社会と人類の幸福―グローバル化の悪夢を超えて;グローバル化と文明の共生)

著者等紹介

友枝敏雄[トモエダトシオ]
大阪大学大学院人間科学研究科教授。専攻、理論社会学

山田真茂留[ヤマダマモル]
早稲田大学文学学術院教授。専攻、集合的アイデンティティ論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。