有斐閣アルマ<br> 環境と倫理―自然と人間の共生を求めて (新版)

個数:

有斐閣アルマ
環境と倫理―自然と人間の共生を求めて (新版)

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年07月30日 14時23分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 283p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784641122666
  • NDC分類 519

内容説明

環境問題が関心を集めるなか、自然と人間の関係はどうあるべきかが問い直されている。自然の価値をいかに認識し、環境問題を考えていくべきだろうか。この問いに対する探究を進める“環境倫理学”の内容を、最新の議論と事例で解説する。

目次

環境問題を倫理学で解決できるだろうか―未来にかかわる地球規模の正義
人間中心主義と人間非中心主義との不毛な対立―実践的公共哲学としての環境倫理学
持続可能性とは何か―開発の究極の限界
文明と人間の原存在の意味への問い―水俣病の教訓
環境正義の思想―環境保全と社会的平等の同時達成
動物解放論―動物への配慮からの環境保護
生態系と倫理学―遺伝的決定と人間の自由
自然保護―どんな自然とどんな社会を求めるのか
環境問題に宗教はどうかかわるか―人間中心から生命中心への“認識の枠組み”の変換
消費者の自由と責任―対環境的に健全な社会を築くために
京都議定書と国際協力―実効的なレジームの構築へ向けて
環境と平和―戦争と環境破壊の悪循環

著者紹介

加藤尚武[カトウヒサタケ]
1937年生まれ。前・鳥取環境大学学長、京都大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

京都議定書の発効、「持続可能性」「エコロジカル・フットプリント」といった概念の登場を踏まえて、好評の初版を大幅に改訂。