日本史リブレット人<br> 東条英機―太平洋戦争を始めた軍人宰相

個数:

日本史リブレット人
東条英機―太平洋戦争を始めた軍人宰相

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年08月03日 17時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 91p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784634549005
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C1321

内容説明

東条英機は、一個の人間としては美点もありましょうが、少なくとも首相としてはいいところがありません。なにしろ気が遠くなるような犠牲と被害を出した大戦争を始めた張本人なのですから。しかも彼を生み出し、彼を活躍させた戦前・戦中の日本の政治も問題だらけ。それだけに執筆も気が重かった。だが、だからこそ、同じ失敗をしないようにという意味で、こうした本が書かれる必要もあるのでしょう。

目次

東条英機からみた戦時日本
1.陸軍と政治
2.東条の首相就任
3.太平洋戦争会戦後の軍事と政治
4.東条政治の破綻
5.東条の退陣とその後―日本近代史と東条英機

著者等紹介

古川隆久[フルカワタカヒサ]
1962年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。専攻、日本近現代史。現在、日本大学文理学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。