流体‐構造連成問題の数値解析

個数:

流体‐構造連成問題の数値解析

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 373p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784627674813
  • NDC分類 501.23
  • Cコード C3053

内容説明

FSI解析の基礎と応用。定式化、離散化、流体と構造の連成。三つの課題を中心に、豊富な実例を交えて体系的に説明。

目次

第1章 流体と構造の支配方程式
第2章 静止領域問題の有限要素法の基礎
第3章 アイソジオメトリック解析の基礎
第4章 移動境界/界面のためのALE法とspace‐time法
第5章 ALE法とspace‐time法によるFSI
第6章 高度なFSI法とspace‐time法
第7章 FSIモデリングの一般的な適用と例
第8章 心臓血管系のFSI
第9章 パラシュートのFSI
第10章 風車の空気力学とFSI

著者等紹介

津川祐美子[ツガワユミコ]
トヨタ自動車(株)。東京工業大学工学部卒、修士(工学)

滝沢研二[タキザワケンジ]
早稲田大学准教授。東京工業大学工学部卒、博士(理学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。