格子振動と構造相転移

個数:
電子版価格
¥8,250
  • 電書あり

格子振動と構造相転移

  • ウェブストアに9冊在庫がございます。(2024年05月23日 02時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 328p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784627170919
  • NDC分類 428
  • Cコード C3042

出版社内容情報

物性研究において登場する結晶の構造相転移現象について,モデル化と解析法を豊富な具体例とともに詳しく解説した待望の書籍.

本書では簡単な格子モデルから始めて,難解なイメージがある構造相転移現象をできるかぎりわかりやすく,丁寧に説明する.
第1部では群論の知識に自信がない方でも読みやすいよう説明を工夫し,第2部では空間群の対称操作の記法や計算法について適宜フォローを入れているので,無理なく理解を深められる.

格子振動および結晶弾性論の基礎から,間接型強誘電体,不整合相転移の解析まで広く網羅しており,強誘電体材料の開発・設計にも大いに役立つ一冊である.

内容説明

格子振動、群論、ランダウ理論。ベーシックな物理知識に基づき、構造相転移を網羅的に理解する。

目次

第1部 格子振動と強弾性・強誘電性(1次元格子の格子振動;2次元結晶格子;2次元格子の格子振動;格子振動と弾性的性質;強弾性相転移;格子振動と強誘電性相転移)
第2部 結晶構造相転移(結晶の対称性と相転移;構造相転移の現象論;不整合相転移;補遺 ロッシェル塩型強誘電体の統計力学的相転移理論)

著者等紹介

石橋善弘[イシバシヨシヒロ]
名古屋大学名誉教授、理学博士。1935年福岡県生まれ。1999‐2011年愛知淑徳大学教授(ビジネス・コミュニケーション学部)。専門:強誘電体物性、構造相転移(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。