コーパスとしてのウェブ

個数:

コーパスとしてのウェブ

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 216p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784625434433
  • NDC分類 810.7

内容説明

是非とも知っておくべきウェブ検索の勘所、ウェブを活用した研究の先例、自作プログラムを用いての利用方法、ウェブをコーパスととらえたときの特徴を、一挙に解説。ウェブから日本語研究の豊かな知見を得る。

目次

第1章 ウェブ検索概論(ウェブにおける日本語;検索エンジン ほか)
第2章 ウェブ検索の応用(フレーズ検索など;AND検索、OR検索、NOT検索 ほか)
第3章 ウェブを利用した研究例(これまでの状況;ウェブを利用する利点と問題点 ほか)
第4章 自分のプログラムでウェブにアクセスできると(ウェブ上のデータをダウンロードしてミニコーパスを作る;ウェブのデータと形態素解析・データベースを利用した研究例 ほか)
第5章 ウェブと他のコーパスとの比較(ウェブと他のコーパスとの比較にあたって;コーパスのタイプ分類の諸観点 ほか)

著者紹介

荻野綱男[オギノツナオ]
日本大学文理学部教授。1952年、埼玉県生まれ。東京大学文学部言語学科卒業、同大学大学院人文科学研究科修了。埼玉大学教養学部、筑波大学文芸・言語学系、東京都立大学人文学部を経て、2005年4月から現職。専門は、特に、社会言語学・敬語研究・コンピュータ言語学・計量言語学など

田野村忠温[タノムラタダハル]
大阪大学大学院文学研究科教授。1958年、岡山県生まれ。京都大学文学部卒業(言語学専攻)、同大学大学院文学研究科学修退学。奈良大学文学部、大阪外国語大学外国語学部を経て、2007年10月から現職。専門は言語学・日本語学。特に日本語の文法・語彙・意味などの分析(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)