MINERVA知の白熱講義<br> 山極寿一×鎌田浩毅ゴリラと学ぶ―家族の起源と人類の未来

個数:

MINERVA知の白熱講義
山極寿一×鎌田浩毅ゴリラと学ぶ―家族の起源と人類の未来

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年10月18日 06時21分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 328p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784623081387
  • NDC分類 489.9
  • Cコード C1310

内容説明

“知の伝道師”鎌田浩毅が受け手となる講義形式で、斯界の第一人者の人生・思想に鋭く切り込むシリーズの第一巻。ゴリラ研究のパイオニア、山極寿一京大総長を迎え、第1部でその半生に迫る。第2部では霊長類学の世界へ足を踏み入れ、われわれ人類の起源と未来を縦横に語る。五感をフルに使い、研ぎ澄まされた直観がつかむ「曖昧なもの」に導かれた豊かな知が溢れる一冊。

目次

第1部 ゴリラ学者の成長記録(子ども時代~大学―日記少年、東京から京大へ;研究の道へ―サルもゴリラも、日本も世界も;教育者・京大総長として―“困ったら山極”人事に開かれたキャリア)
第2部 霊長類学の世界(家族の起源を探して;人類の進化と社会性の起源;われわれはどこへ行くのか)

著者等紹介

山極寿一[ヤマギワジュイチ]
1952年2月東京都生まれ。京都大学総長、国立大学協会会長、日本学術会議会長

鎌田浩毅[カマタヒロキ]
1955年東京都生まれ。1974年筑波大学附属駒場高校卒業。1979年東京大学理学部地学科卒業。通商産業省主任研究官、米国内務省火山観測所上級研究員などを経て、京都大学大学院人間・環境学研究科教授(1997年~)。東京大学理学博士。専門は地球科学・火山学・科学コミュニケーション。テレビ・雑誌・新聞で科学を明快に解説する「科学の伝道師」。京大の講義は毎年数百人を集める人気で教養科目1位の評価。日本地質学会論文賞受賞(1996年)。著作多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

[知的好奇心ゆさぶる白熱シリーズ・刊行開始]霊長類学の第一人者にして京大総長、異色の火山学者と大激談!?知の伝道師?鎌田浩毅が受け手となる講義形式で、斯界の第一人者の人生・思想に鋭く切り込むシリーズの第一巻。ゴリラ研究のパイオニア、山極寿一京大総長を迎え、第?部でその半生に迫る。第?部では霊長類学の世界へを踏み入れ、われわれ人類の起源と未来を縦横に語る。五感をフルに使い、研ぎ澄まされた直観がつかむ「曖昧なもの」に導かれた豊かな知が溢れる一冊。


はしがき



 第?部 ゴリラ学者の成長記録


第1講 子ども時代~大学──日記少年、東京から京大へ

  腕白少年時代
  日記少年めざめる
  演劇の脚本をかく
  野田秀樹・平田オリザ
  読書経験
  中学時代
  生意気「国高生」
  シネマ・映画
  ふらり京大受験
  京大学部生時代
  人類学との出会い
  地獄谷のサルの卒業研究


第2講 研究の道へ──サルもゴリラも、日本も世界も

  討論の極意「オモロイなぁ」 
  大学院時代の日本列島横断研究 
  サルの社会学VS行動学
  VS社会生物学
  屋久島でのサルの社会研究
  群れ分裂の発見
  マスター時代生活記
  今西・伊谷論争とゴリラ研究への道

[こぼれ対談]1 日高敏隆の軽やかさ

第3講 教育者・京大総長として──“困ったら山極”人事に開かれたキャリア

  ナイロビ駐在とゴリラ研究 
  モンキーセンター就職
  新婚旅行inナイロビ
  写真絵本でデビュー
  京大霊長研助手へ
  勝負仕事と保険仕事
  助教授・教授時代
  時間の使い方・つくり方
  京大自然人類学研究室の伝統と院生指導
  国際霊長類学会会長職
  京大総長就任
  組織大変革
  京大VS東大
  アウトリーチが学問を救う

[こぼれ対談]2 京女たちの強さ



 第?部 霊長類学の世界


第4講 家族の起源を探して

  ダイアン・フォッシーとの出会い
  ヴィルンガでのゴリラ調査
  現場で湧き出るテーマ
  “オスグループ”の衝撃とホモセクシュアル研究 
  今西・伊谷論争決着
  争わないゴリラ
  家族の起源問題の背景
  再びカフジへ
  コンゴでの調査と脱出劇 
  フィールドでの運と勘
  家族の起源という問題
  インセスト・アヴォイダンス
  父親という存在
  フィールドワークの真価

[こぼれ対談]3 人類学者の酒遣い

第5講 人類の進化と社会性の起源

  人間の特殊性
  リアリティと信頼の差異
  五感ではないもの
  森林のサルの感覚
  環境の変化と進化
  しっぽの研究、手の発達
  社会脳とは
  言語のはじまり
  観察・化石・エビデンス
  人類の社会性の起源
  共感力がつくる社会性

[こぼれ対談]4 『京大総長クッキング』と日本の食文化

第6講 われわれはどこへ行くのか

  人間の身体性と共感力
  「曖昧さ」の価値VSデータ信奉者たち
  地球科学の黄昏?
  身体性・社会性の喪失
  社会中心の経済と二重生活のススメ
  未来へのヴィジョン
  常識を壊すアートな京大
  京大食文化講座
  食育と食卓の戦争
  味覚と平和
  ボトムアップ!
  個人の歴史が大事



講義レポート(鎌田浩毅)

あとがき(山極寿一)
山極寿一・主要研究業績
人名・事項索引

山極 寿一[ヤマギワ ジュイチ]
著・文・その他

鎌田 浩毅[カマタ ヒロキ]
著・文・その他

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件