こうしてテレビは始まった―占領・冷戦・再軍備のはざまで

個数:

こうしてテレビは始まった―占領・冷戦・再軍備のはざまで

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 325,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784623067725
  • NDC分類 699.21
  • Cコード C0036

内容説明

メディアの巨人たちの知られざる暗闘。メディア史であり、日米交流史でもあるテレビの歴史を通じて、テレビ元年生まれの著者が、「テレビとは何か」に迫る。

目次

ファイスナーとハウギー
「ラジオの父」と「トーキーの父」からテレビは始まった
テレビ導入を望んだ「放送法の父」と「民間放送の父」
「テレビの父」の戦前と戦後
「ニュース解説の父」と「VOAの父」の登場
「テレビの父」が「ラジオの父」を押しのけた
「テレビの父たち」の密約の崩壊
「プロパガンダ放送の父たち」と「海上自衛隊の父」
「テレビの父たち」のバトルロワイヤル
日本テレビの誕生とマイクロ波通信網の流産
忘れ去られた「テレビの父たち」
かくてテレビは台湾にもたらされた―知られざる日米合作

著者等紹介

有馬哲夫[アリマテツオ]
1953年青森県生まれ。1977年早稲田大学第一文学部英文科卒業。1984年東北大学大学院文学研究科博士課程単位取得満期退学。東北大学大学院国際文化研究科アメリカ研究講座助教授、早稲田大学社会科学部(メディア研究)教授などを経て、早稲田大学大学院社会科学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

doremi

0
「日本テレビとCIA」にマイクロ波通信網の話を追加した感じ。主旨ではないのですが、NHKと電電公社の巻き返しがすごいです。あと、なにかと自社技術にこだわるNHK。NHK肥大化は、ここから始まったのかもしれません。 2014年 C0036 \2800. 20132014/05/31

yasu_z2

0
日本のテレビ開始にはアメリカの意向や戦略が大きく影響してたり、全国ネット用のマイクロ回線網も軍事利用を想定して計画されてたりとか闇の中で知らないことが多すぎる。 奥さまは魔女など初期のアメリカホームドラマも親日プロパガンダの効果を考えてとか知らぬ間に洗脳されていたなんて考えると恐ろしい!2014/04/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7839754

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。