グローバリゼーションと社会学―モダニティ・グローバリティ・社会的公正

個数:

グローバリゼーションと社会学―モダニティ・グローバリティ・社会的公正

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 322p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784623066100
  • NDC分類 361
  • Cコード C3036

内容説明

グローバリゼーションは社会学になにをもたらすのだろうか。本書は、第1部においてはグローバリゼーションの現実過程に多彩な視角から接近し、第2部においてはグローバリティへといたる歴史変動のダイナミズムを理論的に読み解くことを通して、21世紀における社会学のアイデンティティを問う。

目次

グローバリゼーションと社会学
第1部 公正な社会を求めて(グローバリゼーションの経験と場所;グローバリゼーションとEUのアイデンティティ―国民国家からいずこへ;アジアにおけるグローバリゼーションとローカルなもの―メガシティ・ジャカルタの都市再生をめぐって;グローバリゼーションから「アジア社会学」へ―新たな学問的要請をめぐって;グローバリゼーションとフェミニズムの挑戦;リスク社会と再帰性―福島第一原発事故をめぐって;グローバリゼーションとエネルギー・環境問題―システム準拠的制御の可能性)
第2部 モダニティからグローバリティへ(第二の近代と社会理論;モダニティのあとの社会学の課題―グローバリゼーションにおける可能性;モダニティの理想と現実―グローバル時代のコミュニティとアイデンティティ;モダニティ・グローバリティ・メディアリティの交差―社会変動をあらたな視座からとらえる;文化のグローバル化と「グローバル文化」論;グローバル化社会の理論社会学)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件