租税理論研究叢書<br> 税制改革と消費税

個数:
  • ポイントキャンペーン

租税理論研究叢書
税制改革と消費税

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年11月29日 08時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 174p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784589035455
  • NDC分類 345.7
  • Cコード C3032

目次

1 特別報告(消費税の宿罪―逆進性と転嫁の問題を中心に)
2 シンポジウム税制改革と消費税(消費税法における未経過固定資産税の取り扱いに関する会計的考察;消費税の法的本質から見る財務諸表表示の問題点―仕入税額控除制度等の問題点を契機として;消費税における「対価性」;財政赤字、デフレーション、消費税;消費税を法人事業税・付加価値割と合体する提言;現代ドイツの売上税(付加価値税)の改革をめぐって―軽減税率の機能と廃止案の検討を中心に
討論 税制改革と消費税)
3 一般報告(国税徴収法39条における第2次納税義務と詐害行為取消権の関係性―昭和34年国税徴収法改正議論及び債権法改正議論における両者の趣旨・成立要件を手がかりに;退職金課税の起源と変遷;証券化ビークルの課税実態に関する会計的分析)