ソーシャル・キャピタルで解く社会的孤立―重層的予防策とソーシャルビジネスへの展望

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 289p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784623064113
  • NDC分類 361.4

目次

社会的孤立と社会参加
第1部 孤立する人々(人のつながりと広がり―国際比較の視点から;孤立する人々の特性 ほか)
第2部 高齢者の健康とソーシャル・キャピタル(ソーシャル・キャピタルと健康;「健康な街」の条件―健康とソーシャル・キャピタルをつなぐローカルな背景 ほか)
第3部 地域における重層的な孤立予防戦略(高齢者の安否確認と孤立死予防策;地域包括支援センターと住民の連携―高齢者の孤立予防を目指して ほか)
第4部 ICTとソーシャルビジネスの活用(地域コミュニティとインターネット;地域あんしんシステムとソーシャルビジネス―多摩ニュータウンの事例から)

著者紹介

稲葉陽二[イナバヨウジ]
1949年生まれ。1973年京都大学経済学部卒業。1978年スタンフォード大学経営大学院修士課程(公企業経営科)・MBA修了。現在、日本大学法学部教授

藤原佳典[フジワラヨシノリ]
1962年生まれ。1993年北海道大学医学部卒業。2000年京都大学大学院医学研究科博士課程修了(医学博士)。現在、東京都健康長寿医療センター研究所社会参加と地域保健研究チーム研究部長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)