国際比較の視点から日本のワーク・ライフ・バランスを考える―働き方改革の実現と政策課題

個数:

国際比較の視点から日本のワーク・ライフ・バランスを考える―働き方改革の実現と政策課題

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年01月16日 08時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 355p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784623063406
  • NDC分類 366.11
  • Cコード C3033

内容説明

ワーク・ライフ・バランスと働き方の現状について実証的な分析を行い、諸外国の取組を考察しながら、今後の方向性を提案する。

目次

ワーク・ライフ・バランス実現の課題と研究の視座
第1部 日本のワーク・ライフ・バランスの課題(ワーク・ライフ・バランス施策と企業の生産性;長時間労働と日本的雇用慣行―労働需要行動からみた日本人の働き方;ワーク・ライフ・バランス施策が効果的に機能する人事管理;労働時間と満足度―日英独の比較研究;ワーク・ライフ・バランスを実現する職場マネジメント)
第2部 国際比較分析(アメリカにおけるワーク・ライフ・バランス;イギリスにおけるワーク・ライフ・バランス;オランダにおけるワーク・ライフ・バランス―労働時間と就業場所の選択の自由;スウェーデンにおけるワーク・ライフ・バランス―柔軟性と自律性のある働き方の実践)

著者等紹介

武石恵美子[タケイシエミコ]
1960年茨城県生まれ。2001年お茶の水女子大学大学院人間文化研究科博士後期課程修了。現在、法政大学キャリアデザイン学部教授。博士(社会科学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。