現代社会政策のフロンティア<br> 労働統合型社会的企業の可能性―障害者就労における社会的包摂へのアプローチ

個数:
  • ポイントキャンペーン

現代社会政策のフロンティア
労働統合型社会的企業の可能性―障害者就労における社会的包摂へのアプローチ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年10月28日 18時19分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 213,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784623061495
  • NDC分類 335.7
  • Cコード C3333

内容説明

本書は、就労困難者の社会的包摂に取り組む労働統合型社会的企業である共同連の事例研究を通じ、その事業活動の実態と特徴を明らかにするとともに、サードセクターを再分配・市場交換・互酬の「媒介の場」として捉えることの有効性を主張する。

目次

労働統合型社会的企業の問題群
第1部 社会的企業の概念と理論(労働統合型社会的企業とは何か;「媒介の場」としてのサードセクター)
第2部 労働統合型社会的企業の事例分析(共同連という社会的企業;労働統合型社会的企業における資源の混合;労働統合型社会的企業による包摂戦略の多元性;労働統合型社会的企業の目的の複数性と対立)
労働統合型社会的企業と「媒介の場」という視角の可能性

著者等紹介

米澤旦[ヨネザワアキラ]
1984年広島県生まれ。2009年東京大学大学院人文社会系研究科社会学専門分野修士課程修了。現在、東京大学大学院人文社会系研究科社会学専門分野博士課程、日本学術振興会特別研究員DC2(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。