人類学で世界をみる―医療・生活・政治・経済

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 303p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784623051137
  • NDC分類 389
  • Cコード C3036

出版社内容情報

現代世界の様々なトピックを取り上げて、「人類学する」ための研究方法を具体的に解説する。

内容説明

具体の人々の生活をもっと深く知ろうと渇望し、未知の暮らしへと思い切って足を踏み入れたとき、人類学することが始まる―。本書は、現代世界の身近なトピックを用いて「人類学する」ことを具体的に解説する。

目次

第1部 医療(在宅介護―家庭/社会という「幸福」を求めて;セルフヘルプ・グループ―非同一的なコミュニティとしての ほか)
第2部 生活(自分探し―フィジーから考える;葬儀と葬儀社―死ぬこと、はたらくこと ほか)
第3部 政治(難民―現代ドイツの教会アジール;反日感情―国史認識とその相互作用 ほか)
第4部 経済(地域通貨―社会に埋め込まれた経済、再び?;ビジネス・パーソンの経営学―ソフトな専門家の職業生活 ほか)

著者等紹介

春日直樹[カスガナオキ]
1953年生まれ。1981年大阪大学大学院人間科学研究科中退。現在、大阪大学大学院人間科学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Saiid al-Halawi

8
「自分探し」とか「貧乏」とか「代理母」とかの現代的なターム、それと「学問」と呼ぶにはおよそ不完全な経営学とか経営学とか経営学とか、そういうものに対してサブシディアルな価値判断を提示する本書。人類学っていうとレヴィ=ストロースとかボアズみたいな、神話素とかアルゴンキン祖語とかの未開の社会に分け入って・・・みたいなイメージしかなかったけど、そんなイメージを払拭してくる1冊でした。2013/04/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/652366

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。