シリーズもっと知りたい名作の世界<br> ガリヴァー旅行記

個数:

シリーズもっと知りたい名作の世界
ガリヴァー旅行記

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 200,/高さ 26cm
  • 商品コード 9784623046218
  • NDC分類 933
  • Cコード C0398

内容説明

多様な視点から迫り、一八世紀に書かれた『ガリヴァー旅行記』が三世紀近くの時を超えて、現代の読者にも魅力的な物語であり続ける理由を明らかにしようとしたのが本書である。

目次

1 作品概説・作家概説(『ガリヴァー旅行記』の諷刺の世界;スウィフトの顔、ガリヴァーの声―アングロ・アイリッシュとスウィフト)
2 植民地主義・帝国主義表象(『ガリヴァー旅行記』、帝国、英蘭関係;ヤフーの咆哮、フウイヌムのいななき―『ガリヴァー旅行記』に見る植民地問題)
3 一八世紀の知の世界(スウィフトの科学諷刺を読む;驚異の装置;「科学嫌い」の諷刺文学―『ガリヴァー旅行記』第三篇のコンテクスト;見世物の世紀―見世物世界と『ガリヴァー旅行記』)
4 新たな読みの地平(バブル・フィクション―『ガリヴァー旅行記』と「信用」;スウィフトの庭;エッセイ―現代から見れば;フウイヌムと差異のない世界―『ガリヴァー旅行記』第四篇におけるエクリチュールの問題と近代批判)

著者等紹介

木下卓[キノシタタカシ]
愛媛大学教授

清水明[シミズアキラ]
信州大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。