都市社会学研究叢書<br> 都市化とコミュニティの社会学

個数:

都市社会学研究叢書
都市化とコミュニティの社会学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年10月26日 22時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 347p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784623033683
  • NDC分類 361.78
  • Cコード C3336

内容説明

都市、コミュニティ研究の新たな地平。時代の流れとともに様々な新しい都市的生活様式が生まれ、新たな人間関係のネットワークが形成されている。本書では広い分野からアクチュアルな問題を提起、最新の研究成果を提示して、都市とコミュニティのあり方を考察・展望する。日本都市社会学各領域の第一線研究者による刺激的論集。

目次

1 都市理論
2 都市化の理論
3 コミュニティのネットワーク
4 産業化と都市
5 都市のエスニシティ
6 都市の少子化と長寿化

著者等紹介

金子勇[カネコイサム]
北海道大学大学院文学研究科教授

森岡清志[モリオカキヨシ]
東京都立大学人文学部教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

【内容】
時代の流れとともに様々な新しい都市的生活様式が生まれ、新たな人間関係のネットワークが形成されている。本書では広い分野からアクチュアルな問題を提起、最新の研究成果を提示して、都市とコミュニティのあり方を考察・展望する。日本都市社会学各領域の第一線研究者による刺激的論集。

【目次】
序(金子 勇・森岡清志)
アーバニズム論の現代的位相(鈴木 広)
 1 都市理論
都市とガヴァナンス――サステイナブル・モデルを超えて(吉原直樹)
21世紀の都市――ポストモダン都市論のリアリティ(園部雅久)
都市の創発性――都市的共同性のゆくえ(山下祐介)
 2 都市化の理論
都市化と社会意識の分化・統合(波平勇夫)
公共的市民文化の形成とコミュニティ(内藤辰美)
社会参加の一側面――水俣市の場合(篠原隆弘)
阪神淡路大震災研究から都市研究へ(田中重好)
 3 コミュニティのネットワーク 
拡大パーソナルネットワーク分析の方法と意義――年賀状調査事例から(森岡清志)
都市ほど近隣関係は希薄なのか?――都市別特徴と居住類型別特徴(大谷信介)
都市化社会における女性の就業と社会ネットワーク(安河内恵子)
 4 産業化と都市 
企業組織とコミュニティ(三浦典子)
都市化・郊外化・再都市化――名古屋都市圏の構造変容(松本 康)
開発の歴史社会学序説――佐久間ダム建設を事例として(町村敬志)
 5 都市のエスニシティ 
都市の民族関係に関する中範囲の理論化(谷 富夫)
都市コミュニティと民族関係意識――大阪市生野区桃谷の場合(稲月 正)
 6 都市の少子化と長寿化 
都市の少子化と社会的ジレンマ(金子 勇)
都市高齢社会と生きがい(高野和良)