科学者は、なぜ軍事研究に手を染めてはいけないか

個数:
電子版価格 ¥3,672
  • 電書あり

科学者は、なぜ軍事研究に手を染めてはいけないか

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2019年09月16日 01時14分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 252p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784622088141
  • NDC分類 404
  • Cコード C0040

内容説明

科学者の軍事研究に絞った倫理規範の書。歴史考察から防衛省創設の委託研究制度、大学と科学者コミュニティ、AI兵器まで。普遍的かつ喫緊なテーマの全体像を記す。

目次

序章 新しい科学者倫理の構築のために
第1章 科学者と戦争
第2章 軍事研究をめぐる科学者の常套句
第3章 非戦・軍縮の思想
第4章 安全保障技術研究推進制度の概要と問題点
第5章 軍事研究に対する科学者の反応
第6章 やはり、科学者は軍事研究に手を染めてはならない
終章 現代のパラドックス

著者等紹介

池内了[イケウチサトル]
1944年兵庫県生まれ。総合研究大学院大学名誉教授。名古屋大学名誉教授。宇宙物理学専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「これまでの多くの科学倫理に関する本が書かれてきたが、本書はおそらく〈科学者は軍事研究に手を染めるべきではない〉と主張する最初の本になると思っている」。『科学者心得帳―科学者の三つの責任とは』(2007)を継ぎ、科学者の軍事研究に絞った倫理規範の考察。第一次世界大戦、ナチス時代の科学者や日本の戦時動員体制の状況から、安倍内閣による「防衛装備庁の安全保障技術研究推進制度」の詳細、AI兵器・ゲノム編集まで、普遍的かつタイムリーなテーマをはじめて全体としてまとめた本。歴史考察と科学者共同体の現状、政治や教育の関係などが重層的にとらえられ、よく理解できる。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件