中井久夫集〈11〉2009‐2012―患者と医師と薬とのヒポクラテス的出会い

個数:

中井久夫集〈11〉2009‐2012―患者と医師と薬とのヒポクラテス的出会い

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月21日 14時23分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 346p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784622085812
  • NDC分類 493.7
  • Cコード C0311

出版社内容情報

医師としての出発から患者との出会い、面談や家庭訪問の作法、絵画療法、実験的な処方の試み、さらには土居健郎や天野重安の言葉まで、自らの精神病理学の実践の軌跡を辿るシリーズ最終巻。「中医学瞥見の記」「統合失調症の経過研究の間に考えたこと」「非言語的アプローチの活かし方」「往診先のペット」「病棟深夜の長い叫び」「統合失調症の有為転変」「東日本巨大災害のテレビをみつつ」ほか全37編を収録。

内容説明

「病棟深夜の長い叫び」「統合失調症の有為転変」「回復の論理の精神病理学がありうるならば」ほか。自らの精神医学の実践の軌跡をたどる、シリーズ最終巻。

目次

中医学瞥見の記
「ことわけ」と「ことわり」―カテゴリー分類とその限界について
ワーク・ライフ・バランス
永遠の敵対国となるな
統合失調症の経過研究の間に考えたこと
思春期親密関係における暴力に思春期以前から始めて接近する
病跡学の今後と私
ポール・ロスさんを偲ぶと
非言語的アプローチの活かし方
青木典太先生のこと〔ほか〕

著者等紹介

中井久夫[ナカイヒサオ]
1934年奈良県生まれ。京都大学医学部卒業。神戸大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。