• ポイントキャンペーン

父が子に語る世界歴史〈2〉中世の世界 (新版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 216p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784622080121
  • NDC分類 209
  • Cコード C0320

出版社内容情報

はじめの頃は「寛容」を大切にしたイスラム教も、そしてまたキリスト教も、いつしか様子を変えてゆく。やってきたのは、宗教どうしの対立と十字軍に時代、あるいは『アラビアン・ナイト』の時代だった……。7世紀の仏僧、玄奘の17年にわたる大旅行からはじめて、中世の終幕までを語る。

第2巻 目次〔抄〕
ハルシャ王と玄奘/中世のインド/ローマの没落/イスラム教の誕生/アラブ人の遠征/『アラビアン・ナイト』の背景/封建制度/日本の幕府/アメリカのマヤ文明/モヘンジョ・ダロの遺跡/コルドバとグラナダ/十字軍時代のヨーロッパ/アフガン人のインド侵入/デリーの奴隷王朝/チンギス・ハンの大進軍/マルコ・ポーロ、偉大な旅行者/ローマ教会の武装/中世の終幕

全8巻

--------------------------
Jawaharlal Nehru(ジャワーハルラール・ネルー)
1889年生まれ。インドの政治家、民族独立運動の指導者。英国の支配に抵抗、1945年までに下獄9回、人生の最盛期を獄中に過ごした。この間、ガンディの不服従非暴力運動にも協力した。1947年の独立とともに、首相、外相および連邦関係相を兼ねた。49年連邦首相会議、55年バンドンのアジア・アフリカ会議と内政に外交に多面的な活躍をした。その反帝国主義、反植民地主義、反人種差別主義には戦後世界をリードしていく歴史感覚と民衆への愛情があった。1964年歿。おもな著書『自叙伝』(「世界の名著」63、中央公論社、1967)、『インドの発見』(全2巻、岩波書店、1953-56)ほか。

大山聰(おおやま・さとし)訳
1915年東京に生まれる。1938年東京大学文学部卒業。早稲田大学、東京都立大学教授、成城大学文学部教授、および東京芸術大学、早稲田大学講師を歴任。訳書 ティボール・メンデ『ネールは主張する』ほか。2002年没。

内容説明

「過去の生き生きした面影を、次つぎとおまえの眼前に再現したい」―イスラム教の誕生、コンスタンティノープル、チンギス・ハンなどを語る30通。

目次

ハルシャ王と玄奘
南インドの諸王と英雄たち
中世のインド
南海の歴史
ローマの没落
イスラム教の誕生
アラブ人の遠征
『アラビアン・ナイト』の背景
インドにおけるイスラム攻勢
ヨーロッパ諸民族の形成〔ほか〕

著者等紹介

ネルー,ジャワーハルラール[ネルー,ジャワーハルラール][Nehru,Jawaharlal]
1889‐1964。インドの政治家、民族独立運動の指導者。英国の支配に抵抗、1945年までに下獄9回、人生の最盛期を獄中に過した。この間、ガンディーの不服従非暴力運動にも協力した。49年連邦首相会議、55年憲法の成立、51年インド経済5カ年計画、54年ジュネーヴ会議、55年バンドンのアジア・アフリカ会議と内政に外交に多面的な活躍をした。その反帝国主義、反植民地主義、反人種差別主義には戦後世界をリードしていく歴史感覚と民衆への愛情があった

大山聡[オオヤマサトシ]
1915年東京に生まれる。1938年東京大学文学部卒業。早稲田大学、東京都立大学教授、成城大学文芸学部教授、および東京芸術大学、早稲田大学講師を歴任。2002年没
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。