冥府の建築家―ジルベール・クラヴェル伝

個数:

冥府の建築家―ジルベール・クラヴェル伝

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年10月14日 22時04分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 500,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784622077084
  • NDC分類 289.3
  • Cコード C0052

内容説明

未来派演劇の監督、小説『自殺協会』の作家、洞窟住居の建築家。アヴァンギャルドにして古代神話の探究者。知られざる芸術家G・クラヴェル、世界初の評伝。

目次

1 メタモルフォーゼ(死の舞踏(一九〇二~〇七年)
放蕩者たちの島(一九〇七~一一年)
アーシア断章―日記と手紙から
オリエントへ(一九一一~一四年))
2 アヴァンギャルド(エキセントリック(一九一四~一七年)
未来派(一九一七~一八年)
メタフィジカ(一九一八~二〇年))
3 ミステリウム(塔と洞窟(一九二〇~二三年)
友と敵(一九二三~二五年)
睾丸と卵(一九二五~二七年))

著者等紹介

田中純[タナカジュン]
1960年、宮城県仙台市に生まれる。1991年、東京大学大学院総合文化研究科(地域文化研究専攻)修士課程修了。2001年、東京大学より博士(学術)の学位授与。専門は思想史・表象文化論。東京大学教授。著書に『アビ・ヴァールブルク 記憶の迷宮』(青土社、2001、第24回サントリー学芸賞)『都市の詩学―場所の記憶と徴候』(東京大学出版会、2007、第58回芸術選奨文部科学大臣新人賞)『政治の美学―権力と表象』(東京大学出版会、2008、第63回毎日出版文化賞)ほか、2010年、第32回フィリップ・フランツ・フォン・ジーボルト賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

クラヴェル。未来派演劇の監督、小説『自殺協会』、そして岩礁の洞窟住居。知られざる作家/建築家の世界初の評伝。

「わたしがいつかもはやこの世にいなくなったとき、わたしの霊は自分が一生涯のあいだ崇拝し、探し求めて、そのために自分のすべての信仰を捧げてきたもののうちに入り込んでゆく。朝はわたしとともに夕暮れとなり、暗闇は新しい一日の再生となるだろう」(草稿「変容」より)
 ジルベール・クラヴェル(1883-1927)。幼少期の結核が元で宿痾をかかえたジルベールは、イタリア未来派の演劇活動、『自殺協会』と題された幻想小説、そして南イタリアはポジターノの岬に建造した洞窟住居と、私的かつ詩的な神話とオブセッションを求めて44年の短い生涯を駆けぬけた。
「エジプト旅行によって古典古代よりもさらに古い古代に触れ、バレエ・リュスや未来派の経験を経て芸術の前衛を知ったクラヴェルは、塔を拠点に岩窟住居を造りつづけることにより、ポジターノの岩壁に暴力的に介入しながら、風雨に晒される、自然の四大との緊密な交感の場こそを切り開こうとした。(…)頽廃の美を食い破って〈岩石妄想〉が噴出したのである。クラヴェルの建築は、彼の魂であり霊でもあるような“もの”を包み込んでいる」
 バーゼル、マッジャ、ローマ、ポジターノなど、スイスとイタリアの各地に分散した遺稿をすべて踏査して、この知られざる特異な作家/建築家の生涯と妄執を辿り直した、世界でも初めての評伝。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件